十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

春になったらあけてください」 みんなの声

春になったらあけてください 作:増井邦恵
絵:あべ まれこ
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年12月
ISBN:9784776403265
評価スコア 4.35
評価ランキング 10,161
みんなの声 総数 25
「春になったらあけてください」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • ホントなのかな?!

    このお話に出てくるお母さんは懸賞が大好きでした。うちの母も好きなので親近感のある題材のお話でした。このお話の懸賞の賞品はテントウムシの缶づめでした。うちの子はそれを見て、「本当にあるの?欲しい!!」って言っていました。

    掲載日:2013/03/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 『春』当選☆

    懸賞で当選した箱の中に入っていたのは、大きな大きな缶詰。でも、中身はわかりません。詳しい説明はなく、『春になったらあけてください』とだけ書かれた紙が入ってます。

    この品が届いたのは2月。この『間』がいいですね!春ではなく、冬の終わりに届くことで、中を想像する時間やワクワクする期間まで与えてくれます。

    そして、中から出てきたのは、とってもとっても可愛い『春』でした♪絵本の中の世界なのに、缶が開いた瞬間に不思議な開放感を感じます。
    気持ちに春を届けてくれる一冊です。

    掲載日:2012/04/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵が素敵でした

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    漢字にふりがななので、ちょっと小学生向きかな?と思いました。
    でも、読んであげれば幼稚園のお子さんでも楽しめると思います。

    この絵本の絵が、春を待つウキウキ感にとても良く合うなって
    思います。
    「春になったらあけてください」と書かれた、謎の缶詰。
    家族でいろいろ想像しているところも面白いですが、
    あけてびっくり、テントウムシの缶詰!

    春の日差しに、てっぺんから飛び立つテントウムシが、新しい
    季節の始まりにピッタリ♪

    3月に 読みたい絵本かな?

    掲載日:2012/03/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 缶の中身は?

    お母さんが懸賞で当てた缶詰。
    「春になったらあけてください」と書かれています。
    春っていつになったら?お父さんは新入社員が入ってきたら、お母さんは桜が咲いたら、おじいちゃんおばあちゃんは又違う・・・人によって春って違うのね。
    そして缶の中身は?

    へえ、なるほど!でした。
    こういう絵本だと、びっくり箱的なのを想像しましたが中身は割と堅実な・・・。
    でもびっくりだわ。
    オチが真面目だけど、ある程度の年齢だとこれはこれで面白いみたい。
    息子曰く「真面目でいいんじゃない」とは学校読み聞かせ本の候補としての感想?

    掲載日:2016/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろおししい・・

    タイトルと設定が気に入って
    春向きの一冊だと思い手に取りました。
    結果的には・・・なんか・・いろいろ惜しい感じです・・。

    懸賞応募が趣味のお母さんが当てた「大きな缶詰」
    そこには「春になったらあけてください」と書いてあり・・

    ここまで
    ものすごいわくわく感があるんです!!
    そのあとも家族みんなが登場し、春の風物満載!!
    春らしさをいっぱいに詰め込んだのは
    「春の訪れ」を存分に感じることができます。

    でも・・・
    文章がすごく散漫な感じなんですよ・・・。
    テンポがいいとはいい難く
    そのせいか、台詞があるたびに「これ誰が言ってるの?」と娘と確認。
    その作業に疲れてしまって
    正直、読み終えた後「やっと終わった」という感じでした。

    すごく設定魅力的なのに・・。
    なんだかいろいろ残念です・・。

    掲載日:2015/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な箱

    春になったらあけてくださいって書かれた箱が届きました。こんな箱届いたら、私はフライングしちゃうかも。それにしても春って人によって違うんですね。桜の咲くころだったり、新生活が始まる頃だったり。それも楽しかったです。

    春になってあけた箱。とっても素敵でした。長女は「テントウムシって、おてんと様に向かうからなんだね。すてきな名前だね」って言っていました。

    掲載日:2014/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ファンタジー

    おうちに届いた謎の缶、
    みんなが何が入っているのか楽しみに春を待ちます。
    そしてやってきた春、中にはなんとてんとう虫!
    これはびっくりな中身ですね。
    缶詰に生き物というのはなかなか想像できないので
    面白い展開だと思いました。
    漢字も多いですがフリガナはあるので、
    内容的には1年生がひとりで読むには丁度良いかなと思います。

    掲載日:2014/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春を待ちわびて

    懸賞好きのお母さんの元に届いた宅配便の箱。
    中には、大きな缶が一つ入っていました。
    同封されていた紙には、『春になったら開けてください』と書かれていて…?

    春っていつからでしょう?
    暦の上で立春を過ぎれば春とはいうものの、実際は気温が低くまだまだ寒い日が続きます。
    お父さんやお母さん、おじいちゃんやおばあちゃんの春に対する考え方も様々でしたが、この絵本のラストが先の疑問に一番うまく答えてくれているのではないかと思いました。

    お母さんが何にハガキを送ったのかも忘れていた懸賞ですが、思いもよらないこんな贈り物も素敵ですね。
    春と言えば舞い飛ぶ蝶を思い浮かべるかもしれませんが、お日様に向かって飛んでゆくこの虫も春には欠かせない存在でもあります。

    暖かな日差しをいっぱいに受けたくなる、これからの季節にぴったりの一冊でした。

    掲載日:2013/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • それぞれの春

    表紙の春らしい色彩がとても綺麗で素敵です。「春になったらあけてください」のタイトルにもとてもワクワクして今の季節にピッタリでした。おとうさんとおかあさんの結婚記念に植えたバラにも羨ましかったです。それぞれの思いの春がよかったです。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 缶詰の中身は・・・

    文章のボリュームなどから、年長さん〜小学校1・2年生向けかと思いました。
    漢字に振り仮名がついているので、子供が自分で読めますね。

    懸賞で当てた缶詰の中身は・・・想像以上に驚くものでした!
    この中身には、子供も喜んでいましたよ。

    掲載日:2013/03/04

    参考になりました
    感謝
    0

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / くれよんのくろくん / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / 3びきのかわいいオオカミ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット