ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ヒットラーのむすめ」 みんなの声

ヒットラーのむすめ 作:ジャッキー・フレンチ
絵:北見 葉胡
訳:さくま ゆみこ
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年12月
ISBN:9784790231493
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どこに責任があったのか?

    最近、戦後出版された天野貞祐の『人間の哀しみ』という本を読む機会がありました。

    戦争責任は誰にあったものなのか?ということ。

    この『ヒットラーのむすめ』は、ヒットラーに娘がいたらという架空の話を子どもたちが話し合うことにより、戦争の責任は誰にあったか?を問うものです。

    もし、その時代に生きていたら戦争を止められたのか?第二次世界大戦中ドイツと同盟国であった日本ですので、

    この問いは日本にいる大人や子どもにも同様に問われるものであるかもしれません。

    作品の中に「見たり聞いたりするのを避けてるうちに事態が進んで、気がつけばもう遅かったのよね」という言葉がありますが、

    折しも福島原発の責任はどこにあったのかが論じられている今。

    国民を巻き込む大きな出来事があった時に、本当の責任はどこにあったのか?誰にあったのか?

    いじめでも同じことかもしれません。周りで見過ごしてしまった人にも責任はなかったのか?ということ。

    それは私にも問いかけられている問いです。

    児童書ですが、私たちに問いかけるものは限りなく深いと思います。

    子どもと共に大人も読んでいただきたい児童書です。

    掲載日:2011/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 衝撃的なタイトル

    タイトルと、表紙の装丁にひかれて
    手にとった一冊です。
    子どもが生まれてから、
    やっぱり気になるのは、世界平和。
    戦争がおこっているところにいる
    小さい子どもたち…。
    人事じゃないような気がして、
    心が痛いです。
    そして、このタイトル!と思って読み始めたのですが、
    なかなかおくが深い…。
    最後までちゃんと読ませる力もあり、
    北見さんの挿絵もまたよくて、
    これはいいなと思いました。
    娘が大きくなったら読ませたい一冊です。

    掲載日:2009/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間の闇の部分

    マークの疑問はかつて小学生だった私の疑問とそっくり重なります。
    素朴な疑問を大人に投げかけ 十分に満足のいく答が得られない。
    質問に答える側になった今、答えは私の中にあるのでしょうか。
    いつのまにか「問う」ことを忘れてしまったことに
    気付かされる本。
    小学生に読んでほしい深く余韻の残る本です。

    掲載日:2009/01/10

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット