ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

てのひらむかしばなし しおふきうす」 みんなの声

てのひらむかしばなし しおふきうす 作:長谷川 摂子
絵:立花まこと
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\760+税
発行日:2008年12月
ISBN:9784001163865
評価スコア 4.07
評価ランキング 18,045
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 由来物

    石井桃子さんの文で同じお話を読んだことがあります。海外物でも同じような展開のものを読んだことがありました。

    絵が違うとまた雰囲気が変わるなあと思います。

    このお話も欲張るのはよくないということを教えくれる昔話かなあと思います。

    昔話の中でも由来物が好きなので、他のお話も読んでみたいなあと思いました。

    このシリーズ終わりの言葉を息子が楽しみにしているようです。「とっぴんぱらりいのぶう」とか「どんとはれ」とか。

    掲載日:2010/07/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 昔話

    昔話が好きなのでこの絵本を選びました。不思議で楽しい内容に魅せられました。主人公が人に言われたとおりに行動したところが幸運を呼んだのだと思いました。特に、感謝の念を持って決して傲らないのが素晴らしいと思いました。人の物を嫉み黙って持って行くとどうなるかを分かり易く説明しているところが良いと思いました。細かな表情の変化の描写も素敵でした。

    掲載日:2009/10/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 海水が塩辛いのは。

    なるほど、そういう理由で海水が塩辛いのね!という面白いオチのお話。
    お兄ちゃんが優しくない!と息子は若干文句を垂れておりましたが、昔話ってそんなもんですよね。弟はなかなか金の使い方を心得ているなーと思いつつ読みました。

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • むかしの道具

    5歳の息子達と一緒に読みました。日本の昔話って不思議なお話が多いのですがこのお話もふしぎですよんね。そして子供なら だから海の水は塩辛いんだと信じてしまいそうです。でも夢があって面白いんですが。息子達はうすも実物を見たことがないのですがこの絵本できょうみを持ってました。昔話をよむといろんなむかしの道具も知れていいですね。

    掲載日:2014/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 塩?

    「どうして、塩?」

    話の途中でタイトルを思い出し、
    「昔は塩が高価だったのかな?」と疑問に思いましたが
    ラストを読んで、納得しました。
    なるほど!

    欲張り者が痛い目に合う・・・という昔話は王道ですが、
    大人になった今でも、やはり「それ見たことか!」と思います。

    でも、海に沈んでしまったのは・・・
    いくらなんでも、可哀想かしら。

    海が塩辛い理由が このうす というおしまいは、
    とてもすっきり まとまっているなと感心しました。

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 分かり易い絵

    海の水はなぜしょっぱいか、その元の有名な昔話です。

    同じお話しを他の本で読んだことがありますが、
    こちらはうすからものが出てくる様子や
    船が沈んでしまったときの描写などが、
    文を読まなくても内容が伝わってくるようで
    非常に分かり易いです。
    さるぼぼみたいな小人も可愛らしい。
    それだけに、急にページをめくったら
    「ひとごろしーっひとごろしーっ」の
    セリフがあるのにはびっくりしました。
    昔から色んな絵本でこのお話しを知っていましたが、
    こんな場面に出会ったことあったかしら…?

    3歳の息子は神妙な顔つきで聞いていました。
    このお話を信じているようです。

    掲載日:2013/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • だから海は、しょっぱいの

    コンパクトなサイズと、読みやすい昔話ばかりで、好きなシリーズです。
    作品ごとに、絵を担当する作者さんが変わって、いろんな雰囲気の絵が見られることも楽しみです。
    今回の絵は、背景が水墨画のように感じました。

    お話のほうは、「欲張りはいけない」という、昔話の定番でしょう。
    でも、「えっ、だから海はしょっぱいの!?」という、驚きの結末でした。

    掲載日:2012/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • まわり続ける うす

     素直でいい人と欲張りで悪い人の設定が、はっきりしているのが昔話らしいです。「語り」で伝えられてきたお話だから、わかりやすいです。
     兄と弟の表情が、性格をよくあらわしているなとおもいました。おそろいで(ベスト?みたいなもの)着ている小人たちが、ほほえましいです。

     海がしょっぱい理由、いまは科学的に解明されています。でも、海のそこでしおふきうすがまわり続けているのかも、なんて想像するのも楽しいです。
     昔話は大人になっても、やっぱりおもしろいなと思います。

    掲載日:2012/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • てのひらサイズ絵本

    てのひらサイズの絵本です。

    貧乏な弟にお金持ちの兄の二人兄弟なのに、お正月のお米の一升が貸し

    てあげることが出来ないとはあまりにも情けないと思いました。

    きっと強欲な兄は、お嫁さんもいないだろうと思いました。

    弟の宝物の石臼を盗んで罰が当たったのは当然かも知れないが、きっと

    弟に貸して欲しいと頼んだら貸してくれると思ったし、とめ方だって

    教えてくれたと思いました。兄弟は仲良く暮らしたいと思いました。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど〜

    最後にこのお話で「海の水は何故しょっぱいのか」が
    語られます。

    子供は「そうなんだ〜。海のしょっぱさはみんな
    東北の海から来てるんだね」と信じて頷いていました。

    お話の最後に「どんとはれ」と書いてあったので
    某TV局の朝の連続TV小説のタイトルからして
    東北のお話だったので勝手に私が東北のお話かな?と
    言ってしまったからそれを受け手のコメントです。

    最後に○○よりの再話ですと書いてありましたが
    いちいちその一文を元にネットで調べるのは
    手間なので具体的に日本のどこで語り継がれるお話かも
    書いて頂けると親切だなと思いました。

    掲載日:2011/06/08

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.07)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット