ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

リスとはじめての雪」 みんなの声

リスとはじめての雪 作・絵:ゼバスティアン・メッシェンモーザー
訳:松永美穂
出版社:コンセル
本体価格:\1,800+税
発行日:2008年11月
ISBN:9784907738570
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,614
みんなの声 総数 15
「リスとはじめての雪」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 「おばかさん」な動物達 はじめての雪さがし

    • ランタナさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    「リスとお月さま」に続くお話があると知り、ワクワクと手にとりました。

    冬はいつも寝てしまうから、雪をみたことがないリス。
    ヤギに「白くて、しめっぽくて、つめたくて、やわらかい」雪の美しさを教えてもらって、冬眠せず雪を見ようと大奮闘。
    やがてハリネズミとクマも巻き込んで、雪を探し始めますが・・・。

    今回も絵が魅力的。
    黒鉛筆と色鉛筆?のデッサン風の描写は
    沢山の文章で説明するより、ずっと雄弁。
    精緻に描かれた動物達からは、表情や動きから気持ちがぐっと伝わり、
    彼らがまじめで一生懸命なほど、おかしみがわいてくるのです。

    ハリネズミやリスが見つけた「白くて、しめっぽくて、つめたくて、やわらかい」雪らしきもの、に子ども達はケラケラ笑っていました。
    そして、そんなリス達を「ちょっとおばかさん」だと思っていたクマも・・・。
    ええーっ!
    みんなで大笑いでした。

    最後は美しい幸せな結末。
    酔いしれていたら、裏見返しの絵にオチが。
    参りました、ホントに。

    大人のファンが多そうな絵本ですが、
    冬眠の説明と、絵だけのページをちょっと助けてあげれば、
    年長さん位から楽しめると思います。
    ただ、一番のおすすめは、子どもの寝顔を見るのが好きな人です。ぜひ!

    掲載日:2011/09/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • ツボにはまっちゃったぁ!

     なんでしょうね・・・ふと目が合って立ち去りがたい人に出会ったときのような、そんな気持ちにさせてくれた本です。可笑しみがあってせつなさがあって、ちょっぴり自己チューなところもあり・・・滑稽でかわいくて、ふっと思わず笑ってしまいます。
     冬が来る前に冬眠するリス、ハリネズミ、クマは冬を見たことがありません。ヤギから教わったのは、冬には「雪」がふってくること、雪は白くて、しめっぽくて、つめたくて、やわらかいんですって!
    さて、動物たちは、それぞれに冬の使者を探すのですが・・・。
     大人のお友達に紹介したら「絵がすごい!」「手にとってじっくり見たい」との声。「家にかざっておきたい」と言う人もいました(どのページだろう?まさか・・・)
     洒落た映画を見てるみたいというと大げさでしょうか。
    でも、是非自分でページをめくってみてください!
     ちなみに私は慌てて「リスとお月さま」もチェックしました。やっぱりはまってしまいました、ツボに・・・。

    掲載日:2009/02/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • アニメーション?

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     雪を見たことのないリスとハリネズミとクマが、眠くなる目をこすりながら、雪を探す物語。三匹の妄想はとても面白い。歯ブラシや空き缶が、空から降ってくる、これが雪だ!とか、白いソックスを拾ってきて、これぞ雪!でもちょっと臭い、とか。絵コンテ風の達筆なスケッチだけに、印象的ではあるものの、やや作為的な絵本であるように思う。彼らの作った雪だるまは、彼ら以上に印象的だもの。感謝

    掲載日:2015/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉と絵のバランス

    • かよたさん
    • 30代
    • その他の方
    • 香川県

    ゼバスティアン・メッシェンモーザーさんは大好きな作家さん。
    言葉で語り過ぎず、絵も多くのことを語る。ゼバスティアン・メッシェンモーザーさんの作品の言葉と絵のバランスが好きです。

    この絵本もそうで、本当に素晴らしいと思います。
    眠たいのを我慢して起きている姿が本当に可愛らしい。
    見つけてくる「はじめての雪」に、人間の影があり、それがお話を少し身近なものにしてくれる気がしました。

    掲載日:2014/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい勘違い

    珍しく雪が降った日の夜に読みました。
    冬の間は眠っているので、まだ雪を見たことのないリスとハリネズミとクマ。ヤギから「雪はしろくて、しめっぽくて、つめたくて、やわらかい」ときいて、眠らずに森で雪を探し始めます。
    それぞれ、意外なものを雪と勘違いする3匹が可愛らしいです。そして、初めて3匹の上に雪が降った時のシーンは圧巻。
    自分や子供たちが初めて雪を見た時はどんなだったかな?と思いを巡らせました。字が少ないので、ゆったりと絵を見ながらいろんなことを感じられる絵本です。

    掲載日:2014/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大笑いしてしまいました!

    もうすぐ4歳になる息子が図書館で自分で選んだ1冊です。
    文字数も多くなく、分かりやすいお話です。

    が、とにかく面白くって!!
    読みながら親子で爆笑〜〜〜
    息子は何度も読んで〜と持って来ました。

    また絵がとっても上手いんですよ。
    それぞれの表情や動きがとてもリアルに描かれています。
    とくに雪を見上げているシーンが個人的に大好きです。
    同じシリーズも借りたくなりました。

    掲載日:2012/01/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 睡魔と戦うリスの表情の可愛らしいこと

     「リスとお月さま」で、ゼバスティアン・メッシェンモーザーさんの精緻でユーモラスな絵に引き込まれました。
     “リス”シリーズの二作めかな?と思い手に取りました。

     やっぱり面白い!
     冬を見たことのないリスが、ヤギの「・・・・、とってもきれいなんだ。雪がふってきて、なにもかも まっ白になるんだ!」の言葉に、ハリネズミ・クマとともに、雪を待ちます。

     眠くて眠くて、睡魔と戦うリスの表情の可愛らしいこと。
     ハリネズミと唄って起きていようと頑張る姿も愛らしい。
     さらに、彼らが雪だと思った物が降って来るのを想像する絵に大笑い。
     そして、ついに雪が舞い降りて来た後、三者が空を見上げ恍惚としている後ろ姿がまた素敵です。

     文が無いページが多いのですが、絵がたくさんのことを語っています。
     三者が、初めて雪を見て、どんなに感動したかがホントよく伝わってきました。
     
     ラストの後、見返しまでお話が続いているのもお洒落です。

     中学生の息子も、静かに読みクスクスしていました。
     大人の方同士のプレゼントにも良いかも。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵もお話も最高!

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    とにかくデッサン調の絵が素晴らしく、躍動感があります
    そこにほんの少し色彩が施され、シンプルな画風が印象に残ります
    リス、ハリネズミ、クマの動き、、、雪を待つ間に眠くなって、コックリコックリ始まるしぐさなどが、細かく愛らしく描かれています
    普段からよく観察しているのでしょうか・・・・?
    言葉よりも絵が物語っているので、枚数が多い割には、自分の中にお話が取り込まれていくのがわかります
    それにしても、「ゆき」を知らないものの、想像には笑ってしまいます
    また3匹の後ろ姿からは感動も伝わってきます
    ぜひぜひ手元に置いておきたい1冊になりました

    掲載日:2011/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きな本です

    モノクロっぽい素朴な感じの絵ですが、とっても温かい本です。
    ラスト数ページは絵だけで展開していくのがなんともいい。 
    何度でも読み直したくなる本です。同じ著者の作品で”りすとお月様”もお勧めです。 

    掲載日:2011/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪の降る音

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、男の子7歳

    リスはいつも冬眠してしまうので、
    雪を見たことがありません。
    どうしても、見たい!
    仲間のはりねずみ、くまと、
    冬眠を延ばして雪を探します…。

    色鉛筆画のやわらかな線がお話を引き立てます。

    しろくて、しめっぽくて、
    つめたくて、やわらかい−−−

    雪のイメージは、わかっているけど、
    実際探すとなると難しい。
    みつけたものは?
    それが降ってくると?
    イメージがふくらみます。
    雪が降る音が聞こえてきそう!
    ちょっと笑っちゃうけどリスたちは真剣です。

    実際に雪が見られてよかったね。

    自然の山だけど、人間の介入が陰を落とす…
    深い主題が垣間見え、ちょっと考えさせられました。

    掲載日:2011/02/16

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / かいじゅうたちのいるところ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット