大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

どうして?」 みんなの声

どうして? 作・絵:サラ・ヴェルロークン
訳:野坂 悦子
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2008年11月
ISBN:9784895726825
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,021
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 白黒からカラフル

    この絵本最初は白黒の寂しい世界だったのですが、お話が進むにつれてとってもカラフルで明るいお話になってきました。うちの子はカラフルになった方の世界が気に入っていて、絵を見ているだけでなんだか気持ちが明るくなるお話でした。

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな子には難しい哲学的絵本。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    哲学的な絵本でした。
    先日もボランティアの仲間で、哲学的な物語を子どもたちに伝えるときは何歳くらいからがいいんだろう?と、話し合っていたのですが、
    いくらイラストが子どもっぽくても、その内容を理解するのは意外と難しいものです。
    お話会などで、より多くの子どもを対象とした時は、出来るだけ年齢の高い子どもたち小学校の高学年のお子さんくらいからお薦めします。

    この「どうして?」も、表紙絵が印象的で、小さな赤いぬいぐるみを持っているアヒルがいるので、選ぶ大人は小さい子に与えてしまいそうですが、いわゆる「自分探し」の絵本なので、
    子どもたちに読んであげるなら、小学校高学年くらいがいいかな?と、思いました。

    掲載日:2010/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心の持ち方しだいで…。

    • 西の魔女さん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子15歳、男の子11歳

    楽しくないのは 自分のいるこの世界が真っ暗だから…。
    そんな気持ちでいる1羽のあひるが主人公です。
    不幸な境遇に居ることを全て周りのせいにして
    自虐的な気持ちになっていました。
    そんな時に偶然出会った蛙のひと言であひるの世界は変っていきます。

    落ち込んでばかりいては何も変らない。
    顔を上げて前を向き歩き出す事が大事。
    そうしたら 幸せが向こうから自分のところへとやって来るものだと
    教えてられているようです。

    くりくりお目々のあひるが岩場の上から水を覗き込んでいる表紙と
    絵本も大判であることから
    幼い子ども向けの絵本かと思いましたが
    内容をよく理解できるのは小学校高学年位からかもしれません。
    あまりこういう内容は読み聞かせ会では好まれないかもしれませんが
    最後は「世界ってすばらしい」と思えるようになった
    あひるの顔でしめくくられています。
    ゆっくり読んでも2〜3分ですから
    もう1冊なにか全く違うジャンルの絵本と組み合わせて
    読んでみるのもいいかなぁと考えています。

    掲載日:2009/09/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 版画

    版画の様なタッチで表現されている表紙が素敵だったのでこの絵本を選びました。光の偉大さと有難さを再認識できる絵本でした。主人公が好奇心と勇気を持って前向きに行動する姿に感動しました。どんどんと色が多くなっていく過程が素敵でした。主人公の表情もありありと変化していくのも良かったです。

    掲載日:2009/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 興味なし

    • キミキミキミさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子8歳、女の子6歳、女の子3歳

    このお話は、アヒルが赤いぬいぐうみを持ってお出かけするお話です。

    あたりは真っ暗で、花の色や空の色チョウチョの色も真っ暗でぜんぜんアヒルはたのしくなくて、しばらくするとだんだんといろんな色が見えてくると言うお話で
    本自体にも色が少ないせいか、子供はあまり興味は持ちませんでした。

    掲載日:2009/09/11

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どろんこハリー / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット