ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。

おひとよしのオオシカ」 みんなの声

おひとよしのオオシカ 作・絵:ドクター・スース
訳:渡辺 茂男
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年01月
ISBN:9784033480602
評価スコア 4.29
評価ランキング 14,571
みんなの声 総数 6
「おひとよしのオオシカ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おひとよしのオオシカのシドウィックは 大きなシカのつのをすみかに
    虫のビングルがまずいい場所見つけたと住みついた
    お次は クモが糸をはり   トリがシカの毛を抜いて 巣を作り
    どんどん増えていく  仲間のシカたちは、あきれて オオシカゴケを探しに川を越えていってしまいました
    それでも おひとよしのシドウィックは  やぬしは お客に親切に優しくと みんなをどんどんすみかにさせてあげて・・・・
    笑えますが こんなやさしい お人好しは あまりいませんよね

    川を越えたいシドウィックはみんなに意見を聞きます でも みんなはんたい!おもしろい  笑い!!
    お話は展開して 猟師達が 鉄砲で撃ちに来ます
    ところが ここからが お笑いの世界です
    つのが 生え替わるのです  
    さあ すみかの住人たちはどうなったのでしょう?
    又シドウィックは仲間と一緒に オオシカゴケを食べるのです
    めでたし めでたし
    それにしても かわいい おひとよしの顔 好きですね〜

    掲載日:2018/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本語訳版

    Drスースのお話はうちの子は大好きでよく読み聞かせているのですが、いつもは英語版です。でも、今回のお話は日本語版で読んであげました。お人よしの大鹿の角にわがままな動物たちがたくさん集まって住み始め、でも、最後には角ごとその動物たちだけ猟師に捕まって壁掛けのはく製にされるというちょっと残酷なオチ!でも、そこがうちの子にはウケていました。大人も楽しめるお話だったと思います。

    掲載日:2015/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 断れないオオシカ

    あまりにも図々しい虫のビングルに腹立たしく思ってしまって、自分が居候なのに自分の家のようにさい配しているので腹立たしく思いました。どんどん増える居候におひとよしのオオシカときたら、「御客にゃ
    親切第一」なんですから、呆れてしまいました。気の毒には思うのですが、「なんで断れないの!」・・・・・
    多分自分にふりかかるとオオシカのようになってしまう自分を想像してしまうから怒れてしまうんだと思いました。おひとよしでなくて優柔不断の自分に腹がたつのです。どんでん返しの結末にほっとした私でした。でも居候たちは賑やかな家族たちがほしかったのかもしれないですね!みんなでいれば楽しいから、きっとそうだと思いました。

    掲載日:2011/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 展開がおもしろいです

    ドクター・スースは「王さまの竹うま」を読んで以来、見つけると必ず借りてくるようになりました。

    絵本としてはちょっと長めですが、展開がおもしろいです。

    鹿の角に住みつく少動物はまだいいとして、こんなに大きな物は無理だろうと思うものまで、来てしまうのには、ちょっと驚きです。

    昔話の「てぶくろ」を彷彿とさせますが、そんなほんわか暖かい展開ではなく、ドキドキハラハラの成行きに笑ってしまいました。

    オチもそうきたかなるほどといえるもので、おもしろかったですよ。

    掲載日:2009/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • オオシカならではのどんでん返しがGood

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子13歳、女の子9歳

    アメリカで人気の高い絵本作家の作品だそうです。
    今までこの作家の絵本は読んだことはありませんでしたが、文章にとてもリズム感があって、わらべ唄のような楽しさがありました。

    お話は少し長めですが、愉快なイラストと、そのリズム感の良さで、どんどん読めちゃいます。
    大鹿ならではのどんでん返しは見事なものでした。
    読んであげるなら幼稚園くらいから、1人読みなら小学校中学年くらいから楽しめると思います。

    掲載日:2009/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • おひとよしでもかしこいオオシカ

    • ひこうき雲さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子8歳、女の子8歳

    オオシカの群れが食べ物を探しながら移動しています。ある日おひとよしのシカの頭に、次から次と虫や鳥たちがいそうろうしていきます。なんてきのいいやさしいシカなのかしらと思うのですが、思わず最後には笑える楽しいお話です。御子さんと一緒に楽しんでください。

    掲載日:2006/11/11

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いろんな場所へ旅する楽しい乗り物のしかけ絵本

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット