だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

つるのおんがえし」 みんなの声

つるのおんがえし 作・絵:いもと ようこ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年01月
ISBN:9784323037196
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,618
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 優しい絵

    御馴染みの名作、「つるのおんがえし」ですが、いもとようこさんの優しい絵が大好きです。昔話は、やっぱり孫にも詠み聞かせたいと思いました。まだ内容は理解出来なくても孫なりに何か感じれば、それでいいと思いました。また先にもこれからも読んであげたいと思いました。

    掲載日:2013/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • いもとさんならでは

    お話はおなじみの日本の昔話ですが、いもとさんの優しい絵と分かりやすい文のおかげで、小さな子供にも取っつきやすいものになっていると思います。

    これからもいもとさんの絵本で、子供達に日本の昔話を紹介していきたいです。

    掲載日:2011/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんともせつないお話

    日本むかし話をそのままに

    若者のに助けられた つるが
    人間の娘になって 現れる

    貧乏でも しあわせそうな2人

    お金におぼれていく 若者..
    だんだん 表情がなくなっていく 娘..

    何とも言えない 胸の苦しみ を感じられる 素敵な絵本です。

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりやすくていいです。

    • ドーナツさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子11歳、男の子4歳

    昔話を読むのにとってもよかったです。
    かわいらしい絵が親子で気に入りました。
    内容も子どもにわかりやすいのが気に入りました。
    何度も読んで楽しみました。

    掲載日:2009/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話から教わるもの…

    • キョッチさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子5歳

    この絵本を読むにあたって、まず息子には「おんがえし」という言葉の意味を教える事が必要でした。(実は「おかえし」と「しかえし」の区別も良く出来ていなかったので…)

    読み終えると「約束を守らなかったからおつうがいなくなっちゃったんだね」という感想。
    5歳の子供に「欲に目が眩む」とか「お金が人を狂わせる」なんてチョット難しすぎたみたいです。

    幼い子には「めでたし、めでたし」のハッピーエンドの方がわかりやすいのかもしれませんが、年齢なりの感じ方があって面白いと思いました。

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話はやっぱりいい

    6歳の娘と読みました。昔話はやっぱり人をひきつける力が大ですよね。娘聞き入っていました。私もつるのおんがえしというお話はずっと以前に読んで知っていましたがこのお話のラスト前とは少しちがうお話でした。よひょうさんがこんなに働かなくなったりしなかったはず・・・。いろんなバージョンがあるみたいですね。

    掲載日:2009/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間の本質を描いた昔話

    • モコママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    誰もが知っている有名なお話です。ただ、私が昔聞いたお話ではおじいさんとおばあさんがでてきたような・・・。
    おつうを愛していながらもお金の味を覚えお金に溺れていくよひょう、自分の身がぼろぼろになっても大好きなよひょうの為に反物を織るおつう、そして、失って初めておつうの大切さに気づくよひょう、いもとようこさんのやわらかで温かい絵が彼らの切なさや人間らしい愚かさを増している気がしました。何故、おつうは出て行く前に彼に一言、その愚かさを苦言し、立ち直らせるチャンスをあげることができなかったのか、昔話の非情さが身にしみました。昔話は冷たくても人間の本質を的確に見抜いていると思うので是非子供には読み聞かせていってあげたいと思います。そして、いもうようこさんの温かな絵が親子ともども大好きなのでいもとさんの昔話シリーズを集めていきたいと思いました。

    掲載日:2009/02/12

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット