ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?

白い月の笑う夜」 みんなの声

白い月の笑う夜 作・絵:仁科 幸子
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1999年11月
ISBN:9784894232341
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,638
みんなの声 総数 2
「白い月の笑う夜」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 満月の夜、5色のキツネたちは、いっせいに頂上めざして山を登ります。月に一度の大事なしきたり<白い月の笑う夜>が行われるのです。
    五夜にわたって自分たちの暮らしぶりを歌っていくというしきたり。
    それぞれのキツネが歌っていき、みんなで楽しく笑い合った最後の夜、信じられないステキなことが起こったのです。
    「アリのお引越しの歌」「コマドリ・ロビンの巣の歌」「チョウチョウの道案内の歌」どれもリズミカルで、かわいくて、夢があってとっても優しい。反面、大地の精霊は、とっても神秘的でどこか不気味です。
    この世界は、何か大きなものに見守られながら、さまざまな生命が共存し合って生きているのだという自然の素晴らしさが自然と伝わってくるようなお話です。親子でぜひ読んでほしい一冊です。

    掲載日:2009/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今、大切なメッセージ。

    • きろろさん
    • 30代
    • ママ
    • 山梨県
    • 男の子3歳

     五色のキツネが、ひとつの島にすんでいるのですが、川を隔てて同じ色のキツネごとに暮らしていました。それには、訳がありました。   自分の色のキツネが、他の色のキツネよりどんなに優れているかで、けんかが起き、うたがいやけがれた心から大地の草木も枯らしてしまった。  
     人間の世界も現在、同じようなことが起きていると思います。自分以外の相手を思いやる心を忘れがちで、それはとても悲しいことです。 

     五色のキツネは、満月に夜ふだん会えない仲間の暮らしを楽しく語り合いました。みんなが心ひとつに楽しく笑い合ったとき、とてもすてきなことが起こります。

     とても大切なメッセージの込められた絵本で、とても感動しました。子供にも大人にもおすすめです。

    掲載日:2009/02/06

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ゆきのこうま / ウッカリとチャッカリのおみずやさん / しあわせアパート / ポンテとペッキとおおきなプリン

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『たからもののあなた』まつおりかこさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット