魚市場 魚市場
絵・構成: 沢田 重隆  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
お魚は好き? 築地を舞台に、魚の流通のしくみやさまざまな魚の種類などを、細密かつダイナミックなイラストで紹介します!

あらしのよるに」 みんなの声

あらしのよるに 作:きむら ゆういち
絵:あべ 弘士
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2000年06月
ISBN:9784062102933
評価スコア 4.82
評価ランキング 174
みんなの声 総数 138
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

138件見つかりました

  • 大人がはまる!

    嵐の夜におおかみとやぎが小さな小屋で一晩雨宿りをして過ごす。真っ暗でお互いの顔は見えず、正体が分からないままの会話がなんとも言えないスリルです。何度かお互いの正体が分かりそうなニアミスを繰り返し結局正体が分からないまま次の日お昼を一緒に摂る約束をして分かれる・・・
    あ〜続きが読みたいっと思わせる内容で真剣に絵本の世界に浸れる最高の作品だと思います。これは子供だけでなく大人にもお勧めです。

    投稿日:2003/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • お勧めだけのことはあります。

    友達からいいよと勧められてよみました。子供に読み聞かせをするのではなく自分のために…。
    この嵐の中とはいえ相手がわからないのにお互いのことがいえるのは一体なんだろう…と思いました。
    大人になるとあまり自分の事は言わなくなるので素直に言えれるというのはある意味いいのかな?っと思いました。私は早く続き全部を読みたいと今から気になってしまいました。
    人に勧めるだけのことはあります。
    子供にはわかる時期がきたらぜひ読ませたいです。

    投稿日:2003/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 合い言葉は「あらしのよるに」

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    このオオカミとヤギとの友情に感動しました。それぞれお互いのことを疑ったりするけどそのことを口にはしません。なぜならあつい友情で結ばれた友達だから・・・。この1巻の「あらしのよるに」ではお互いのことは分かっていません。だからいつか分かってしまうのでは・・とハラハラドキドキで読んでいました。子供も続きを知りたがり1巻で終わることはできないくらい夢中で読んでしまう絵本です。続きの感想は「あるはれたひに」で。

    投稿日:2003/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • スリル満点です!

    • みちこさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子7歳、男の子6歳、男の子3歳

    読み聞かせの、グループの人に進められて、読みました。
    メイとガブの、はらはらする関係に子供たちも、もうドキドキ。だけども、スリルだけでない、お互いを思いあったりするやさしさ、とってもジーンとくる本でした。

    投稿日:2003/04/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友情について考えさせられる

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、男の子3歳

    読んだ後に、いろいろと深く考えさせられる。嵐の日にはぐくまれた友情は、はたして永遠なのでしょうか。種族を超えた、天敵同士の友情は、成立するのでしょうか。
    オオカミとヤギが嵐の夜の雨宿りの暗闇の中で出会った。
    お互い、雨に濡れて鼻かぜをひいていて、嗅覚を失っていたため、話だけで相手を自分と同種の存在と勘違いしてしまう。
    いつ、ばれて食べられてしまうのか、ドキドキしてたまらない。
    話の面白さは、ぴか一である。長さも気にならず、話に集中し、子供も私も夢中になってしまった。
    一体、あくる日に再開して、何が起こるのか、読んだ後も気になって仕方がない。もう、続きを読むしかないでしょう。

    投稿日:2003/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおかみとやぎは似た者同士!?

    • モペットさん
    • 20代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、男の子4歳

    すごい作品!
    本屋さんに全6巻のリトル版が並んでいたのを見たのが最初。表紙は怖そうなおおかみだし、他の巻もどこか怖ーい雰囲気を漂わせていて、うちの子供たちには不向きと勝手に思い込んでしまいました。それから少しして、保育園の読み聞かせでこの本が取り上げられたと知り、娘に聞くと「おもしろいよ」。というわけで家でも読むことにしました。
    おおかみとやぎが真っ暗な嵐の夜に出会い、お互いの正体もわからないまま友情が芽生えていくというお話。本人たちは「似た者同士」なんて言ってるけど、傍から見てる私たちには微妙に食い違っていることが明らか。それが面白くて、いっきに読んでしまいました。小さい子でもこのへんのやり取りはわかるのかしら?どちらかというと、大きい子や大人向けの絵本なのかなという気がしました。ちなみにパパはめちゃくちゃハマったようで、喜んで読んでいました。とても面白いけれど、最後には心がじんわりとくるお話です。早速2巻を読まなければ・・・

    投稿日:2003/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 早く続きが読みたい!

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳

    表紙にも紹介されていて、ぜひ読んでみたいと思っていた本(借りてきたのはリトル版ですが・・・)です。
    正直言って、みなさんおすすめの「ごあいさつあそび」シリ−ズには、あまり魅力を感じない私にとって、え〜本当に同じ作者なの?という驚きがありました!
    いいところで終わってしまう連ドラを見ているようで、ハラハラドキドキ、早く続きが読みたくて仕方がありません。
    長男も長女も珍しく2人そろって身を乗り出して、オオカミとヤギの勘違いを笑ったり、いつばれてしまうかヒヤヒヤしながら、お話の世界にどっぷりとつかっていました。
    お話はわかってないだろう2才の次女さえも、なぜかこの本気に入っていて(大きさがちょうどいいのかな?)、開いて自分で作ったお話を読んでくれます(笑)。

    投稿日:2003/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハッピーエンドったら

    • まぶさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 8歳、4歳

    「あらしのよるに」シリーズは友達に教えてもらい見ました。
    この本自体は自信を持っておすすめしたいに入れたいのだけど。
    最後を知ってしまった私。
    私の中で絵本の最後はハッピーエンドで終わらなくてはいけない。と言うのがあって、このシリーズの最後は涙が出るくらい悲しかったです。

    投稿日:2003/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ☆ドキドキ☆

    • クラッシュ君さん
    • 30代
    • ママ
    • 和歌山県
    • 男の子11歳、男の子9歳、男の子4歳

    大人も子供もドキドキしながらどんどんページをめくっていくことが出来ます。こんな出会いってあり?こんな友情ってあり?と思いながらも、次はどうなるの?ってどんどんはまっていくのですね。読み聞かせもよし、自分で読むもよし。誰にでもお勧めできますね。

    投稿日:2003/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達。

    • ちぼりさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    とっても仲のいい友人だったら、ときどきその大切さを忘れてしまうかもしれない。何年も続いた恋人に、気持ちを伝えるのをサボってしまうかもしれない。けど、それはいつでもあたりまえのように逢えるからと思う。ほんとうに大事な友達、恋人にいつでも大事にしてあげなきゃいけないと思う。そんな気持ちを思い出したいときに、この本を読んでみてはと思う。

    投稿日:2003/02/27

    参考になりました
    感謝
    0

138件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット