だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ドロップロップ」 みんなの声

ドロップロップ 作:村上 早紀
絵:杉田 比呂美
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年01月
ISBN:9784333023684
評価スコア 4.36
評価ランキング 9,979
みんなの声 総数 13
「ドロップロップ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ドロップ

    杉田比呂美さんの作品だったのでこの絵本を選びました。人の記憶って素晴らしいな!と思える作品でした。以前食べた事のある味はしっかりと記憶と結びついていて色褪せる事が無い主人公の記憶力に感動しました。緑色のドロップに関する記憶がとても気に入りました。お父さんと一緒に味わったクリームソーダが一生の宝物の記憶になると思いました。主人公の気持ちの細かい所までしっかりと伝わってくる描き方が良かったです。

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • かわいらしくて、大好きな絵本

    たまたま図書館で見つけた絵本ですが、娘も私も大のお気に入りになりました。
    絵もかわいいですし、文章もリズム感があってとても読みやすいです。
    軽やかなかわいいリズムで、「ドロップロップ!」とついつい口ずさんでしまいます。

    また、ドロップを通して、色についても自然に学ぶことができます。
    小さい子向けの色の絵本はたくさんありますが、こちらはストーリーも理解できる3歳以上のお子さんにぴったりの色の絵本だと思います。
    大好きな1冊。ぜひ購入したいです。

    掲載日:2014/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何度も読むうちに

    読んでるはじめのうちは、正直脈略がないというかどこか全体的に寂しげな無音なかんじがどうしても好きになれなかった母ですが、子供はこの色彩というか独特な世界あふれるこの絵本がすごく気に入っているようでした。
    何度も何度も読んでとせがまれ、読んでいくうちに私もようやくその世界の美しさを少し感じることができた気がします。

    自分が幼かった頃の父とのかけがえのない思い出や、将来に抱く夢を思い出させてもらえるような、何だかノスタルジック感あふれる絵本でした。

    掲載日:2011/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラフル

    • リーパンダさん
    • 40代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子10歳、女の子8歳

    どんな色のドロップを食べようか・・
    と、私は小さい頃よく缶を開けて食べていました。
    この色は○○の色と思いながら食べると
    不思議とその気分になれるんです。

    オレンジ色が好きになったのも
    この絵本に書いてあったようなことが
    理由かも知れないな〜と思いました。

    ドロップ食べながら、色々と空想に浸るのも
    いいですね〜。

    掲載日:2011/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしそう♪

    あめっていうより,ドロップっていうと,
    なんだかおとぎの国にきたような感じがします♪
    この絵本も,ドロップがとてもかわいらしく
    描かれていて,つい缶入りのドロップを
    買って,食べてしまいました!!
    ドロップは,きらきら光る宝石みたいです♪
    あまーい気持ちになれる1冊ですよ♪

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい

    亡父が大好きなドロップでした。缶の中から、ドロップをにこにこして手渡された時は、やっぱり幸せだった記憶が蘇ってきて父を思い出せてとても懐かしくなりました。とても甘い味で、美味しかった・・・・
    夫々と、主人公がドロップをとても楽しく紹介しているのがよかったです。宝石のような綺麗なドロップまた食べたくなりました。食べることってとても幸せだと思いました。

    掲載日:2011/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 兄弟のウケはイマイチでした・・

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子3歳、男の子2歳

    まるで詩集のような絵本ですね。
    素朴なイラストと、夢見る雰囲気の女の子が可愛いです。
    3歳と2歳のウチの男の子たちの食いつきはイマイチでした。
    まぁ予想の範囲内でしたが(笑)
    男の子よりは女の子のほうが好きそうな夢いっぱいの絵本です♪

    掲載日:2010/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • お洒落な絵本

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    色とりどりのドロップから連想される様々なこと。
    それがお洒落でカラフルな絵と、詩のような言葉で描かれています。
    小さい頃、サクマドロップの缶から、次は何色が出てくるかな、とドキドキしながらドロップを出していた感覚を思い出しました。
    大人になった私にとっては、お菓子の中ではかなり優先度が低いドロップですが、娘はやっぱり大好き。
    まだ缶に入ったドロップは未経験ですから、今度買ってあげようかな。
    かつては小さな女の子だった大人が、ちょっと甘酸っぱい気持ちで読める本だと思います。

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • スキップしちゃう

    • ゆぺちさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    何とも愛らしく、懐かしい感じのする絵本でした。
    とてもオシャレな絵で大人も楽しめますし、お話も詩のようで心に響きます。
    子供の頃のドロップを買ってもらって嬉しくてウキウキした気持ちを思い出さずにはいられませんでした。ちょっぴりキュンとくるような素敵な絵本でした。

    掲載日:2009/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドロップが食べたい☆

    • はともさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子4歳

    この本を読んで、娘は初めて缶入りのドロップを買って貰いました。
    初めて開けた缶からはハッカが出てきました。
    絵本を読んでいて、まだ知らない味のハッカは、娘にとって未知の味。
    それでもとっておいしそうで、食べたかった味だったみたいです。
    実際口にして、ビックリして出してしまいましたが☆

    子供にとっては、夢が広がる、ドロップのお話だと思います。

    大人が読むと、なつかしくてちょっぴり切なくなるお話だと思いました。

    掲載日:2009/09/29

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット