ありとすいか ありとすいか
作・絵: たむら しげる  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ある夏の午後、すいかを見つけたありたちは、巣に運ぼうとしてみんなで力を合わせて押しますが、びくともしません。そこで − − − 。

しあわせ」 みんなの声

しあわせ 作・絵:アンドレ・ダーハン
訳:角田 光代
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年01月
ISBN:9784052030888
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,536
みんなの声 総数 10
「しあわせ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 雪の中にたくさんのこころ

    あちこちで雪が降り積もっている今の季節。
    この絵本を読み返してみました。
    ちいさな「こころ」が雪だるまを作ります。
    出来上がったすてきなゆきだるまに心をプレゼントします。
    雪だるまに心ができ、こころを抱きしめて、いろいろなことを喜んでくれます。生まれた雪だるまとこころは、友達の雪だるまを作ってゆきます。
    たくさんのうれしそうな雪だるまたち。
    ラスト、、、マフラーやボタンやにんじんだけが落ちている雪の上。
    ー好きっていう気持ちはずっとずっとーの言葉が印象的です。

    掲載日:2016/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ホッコリします

    このお話は心が主人公のお話でした。顔の部分がハートの形をしたとってもかわいいキャラクターでした。その心が自分の作った雪だるまに心を分けてあげて、たくさんの雪だるまが次々に命を持って、みんなで楽しく遊んでいました。そのストーリーがとっても素敵でホッコリしました。

    掲載日:2014/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • いやされる絵です。

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    こころが、ゆきだるまを作って、心を分けていきます。
    心を持ったゆきだるまが、こころを「大好きだよ」と抱きしめます。
    心を持つと、だれかを大切に思えるのですね。

    たくさんのゆきだるまを作って、ともだちが増えていきます。
    良い心を分けるから、みんな仲良しです。

    この絵本は色々な解釈の出来ます。
    最後にゆきだるまはとけています。
    でもこころは残っています。
    心=意思はいつまでもだれかの心の中に残っているということでしょうか。

    掲載日:2011/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとにしあわせ!

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子6歳

    雪だるまにこころがついて、とっても楽しい気分になれる。ページをめくればめくるほど、読む人の心にもしあわせが増えていくようでした。雪って、寒かったり冷たかったりというイメージが強いのですが、雪だるまの楽しそうな笑顔を見ると、あったかい!って感じなんです。雪だるまたちが動いて、たくさんの仲間と遊んでるようすなんて、夢いっぱいですてきでした。
    心があるってことが、どれだけ幸せなことか。この本を読んで考えさせられました。というか、この世のものは、すべてに心があるんだって思ったんです。
    最後の場面は、ちょっとさみしさが残りますが、それでも心はあたたかいまま。冬の雪の日にぜひ読みたい一冊です。

    掲載日:2010/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたたかな気持ちになれる。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ぼくは、こころ。
    冬ってだいすき!
    だって、ゆきであそべるんだもの!
    こころは、つくったゆきだるまにとくべつなプレゼントをおくります。

    ただ一面の雪野原。そこで、雪の玉を転がし雪だるまを作るこころ。
    ポッと、心に灯がともったような気持ちになりました。優しい心は、どんどん広がっていくものだということに気づかされました。ページをめくるたび、心がどんどん温かくなっていきました。
    色遣いや表情、どれにも優しさがあふれているようでした。

    掲載日:2010/01/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • こころって素敵

     この絵本の中に登場する「こころちゃん」


     それは、人間のこころそのものなのかな〜。

     こころを入れてもらった雪だるまは、感情を持って動けるようになる。
     そうして、どんどんお友達をほしくなって、最後にはたくさんのお友達と楽しく遊ぶというお話。

     そう、私達が忘れてはならないのは、いつになっても『心』なんじゃないかな〜!!って思っちゃいました。

     やさしい絵と絵本の内容に、ほっこりした気分になりました。

    掲載日:2009/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 角田さん

    アンドレ・ダーハンさんの作品で、角田光代さんの邦訳だったのでこの絵本を選びました。温かい気持ちが伝わってくる描き方に心が温まりました。角田さんの訳も絵と非常にマッチしていて良かったです。友達って素敵だな!と思える絵本でした。温かい優しい気持ちがどんどん伝染していく様子も心を奪われました。うっとりする赤色の使い方も素敵でした。

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幸せはでんせんします

    ハートの頭をしたこころくん。雪だるまを作って特別なプレゼント「こころ」をあげます。「こころ」をもらえば、嬉しいと感じられ、幸せと感じる事が出来ます。次から次へお友達に「こころ」をプレゼントしていきます。嬉しい気持ちも幸せな気持ちもでんせんしていく素晴らしさを教えてもらいました。こころを持っている幸せな私を再確認できてよかったです。とっても温かくなってぽかぽかしていい気持ちにさせてもらいました。

    掲載日:2009/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心があるから

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    ストレートなタイトル。
    このタイトルを見ただけで幸せな気持ちになりますね〜。
    見た瞬間から読みたいっ!って思いました。
    これは自分に^^

    「ぼくはこころ」とハートの頭をしたこころ。。
    心を込めて大きな雪だるまを作ります。
    そして、特別なプレゼントをあげます。
    そのプレゼントとは・・・・。

    このタイトル通り、読んでいて幸せな気持ちになってきます。
    特別なプレゼントをもらった雪だるまの表情がすごくいい。
    そう。心があるから幸せな気持ちになれる。
    嬉しい気持ち・優しい気持ち・楽しい気持ち・色んな気持ちを感じる事ができます。

    最後は少し切ないけど、心にほんわかしたものが残りました。

    掲載日:2009/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ポカポカした気持ちに

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    「ぼくはこころ」で好きという気持ちを伝えていたこころくん。
    今回は自分で作った雪だるまに、そっと「こころ」のプレゼントをします。

    こころをプレゼントされた雪だるまの幸せそうな表情に心が和みます。
    たくさんの友達と楽しく遊ぶ姿は、見ているこちらも自然とニッコリ。
    寒い雪の中の話なのに、ポカポカとした温かい気持ちになれます。

    「しあわせ」ってこんなことなんだなぁとしみじみ。
    みんなで楽しく過ごせるしあわせを、自分自身もしっかりと感じていきたいと思いました。

    掲載日:2009/02/12

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット