キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

ぬすまれた宝物」 みんなの声

ぬすまれた宝物 作・絵:ウィリアム・スタイグ
訳:金子メロン
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1977年12月
ISBN:9784566010710
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,259
みんなの声 総数 6
「ぬすまれた宝物」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • スタイグ作品のベスト3

    私は、スタイグは絵本ではなくこの児童書から読みました。

    一人で読むなら高学年からだと思うのですが、当時一年生だった息子に読んで聞かせると、おもしろかったらしく一気読みしました。

    児童書に冤罪を持ちこんでしまうすごさに、正直うなりました。

    それから、わが家ではスタイグ三昧が始まりました。

    すべての作品を読んでいませんが「ピッツアぼうや」「ロバのシルベスターとまほうの小石」は、スタイグ作品のベスト3だと思っています。

    宝物殿の鍵を持つのは王様とガーウェインだけ。

    鍵はしっかり閉まっていたはずなのに、宝物が盗まれていきます。

    状況証拠から、犯人はガーウェインしか考えられません。

    冤罪をかけられるということはないにしても、子どもであればいじめや仲間はずれで、一夜にして信頼できる友だちがすべて信じられなくなるという状況は起こり得ます。

    そして、そういう経験は私にもあります。大人になっても、そういう事態は起こり得るでしょう。

    人が信じられなくなる失意、苦しみを冤罪という題材で、子どもにも伝わりやすく描くスタイグは、すごいなあと思います。

    読み聞かせをすれば読解力にもよりますが低学年から、そして大人まで幅広く読めると思います。

    スタイグの魅力を絵本だけでなく児童書でも味わっていただきたいと思います。

    掲載日:2009/05/25

    参考になりました
    感謝
    2
  • 深い!

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、男の子5歳

    スタイグの作品は、絵本はいくつも読んだことはありましたが、児童書は初めてでした。

    王室の宝物殿の見張り役主任のガーウェイン。ある日宝物が盗まれていることが判明するのですが、状況から無実の彼がどうしても犯人であると見なされてしまいます。

    ガーウェインの行動や気持ち、真犯人のそれはもちろん詳しく描写してありますが、それとともに、ガーウェインを疑う周囲の人々の行動もよく描かれています。

    人間は何を信じて行動すべきなのか、過ちを犯したらどうするべきなのか、様々な角度から考えることができます。大人もとても面白く読める本です。

    掲載日:2017/09/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「許す」ということ

     スタイグさんの絵本では『ロバのシルベスターとまほうの子石』『歯いしゃのチュー先生』が好きです。今回、絵本以外の作品を初めて読みましたが、これも良かったです。深いです。

     身に覚えのない盗人に仕立て上げられ、その場から逃げ出した主人公ガーウェインと、盗んだ張本人ネズミのデレックが出会った場面では、「深い」という思いはマックスになりました。

     「許す」ことが、いかに許す本人の心を軽くするか。そして心が和らいで、許そうと思うに至るその過程(実は一瞬の出来事!)のこと。さらに「もういちど、みんなをすきになることはできましたけれど、みんなの欠点がわかったので、こんどは、かしこいやりかたで、みんなをすきになりました」というくだり!

     悪いことをするつもりではないのに、ちょっとした気のゆるみ、心の弱さから罪を犯してしまうことの恐ろしさ。時間をさかのぼって、やり直したいと思ってもそれはできない現実の重さ。罪を犯した人、濡れ衣をきせられた人、信じたい人を信じることができない周りの人たち、彼らみんなの動揺・・・。

     たくさんのことが、短いお話の中で子どもに伝わるように語られていて、スタイグさんの作家としての実力を改めて感じました。スタイグさんの作品をもっと読みたくなりました。

     楽しく読んで、かつ、いろんなことを考えさせられる本で、子どもたちにおすすめです。感想文を書く宿題にも向いている本だと思います。

    掲載日:2017/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 信頼関係のもろさ

    王様からの信頼をうけて、依頼された宝物殿の見張り役主任だったのに、宝物の紛失から信頼が疑心暗鬼になり、ガーウェインは冤罪のため罰せられようとしました。
    ちょっとした出来心で宝物を盗み出した真犯人のデレックは、怖さのため名乗りを上げられず、ガーウェインを落とし込んだことで、罪悪感を深めます。
    デレックの妙な行動で、ガーウェインが犯人でないことを知った王様は、ガーウェインを疑ったことを悔やみ、街のみんなもことの顛末に振り回せれます。
    信頼って、結構もろいものだと語られているように思いました。
    ただ、信頼を回復するところはとても興味深いものです。
    この物語の中に、真の悪者はいないのでしょう。
    わかりやすい物語ですが、意外と奥深く考えさせられる内容だと思います。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冤罪と真犯人

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    忠実に職務をこなすガチョウが信頼していた王さま、友人たちも彼に犯罪者という判決をします。
    冤罪のお話ですが読みやすくわかりやすく書かれていていました。
    真犯人目線でも語られていて(もう一人の主人公かな)、この2人はいったいどうなってしまうのだろうとハラハラしました。
    たいへん面白かったです!

    掲載日:2014/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • このお話は児童書です(ウイリアム・スタイグ作)

    主人公のガーウェイン(ガチョウです)は、りっぱな建築家が夢です
    しかし、クマの王様に誠実さを見込まれて、王室の宝物殿の見張り役主任になるのです。ところが、ルビーやダイヤモンドがなくなり、王様はだんだんとガーウェンを疑います。
    裁判にかけられ盗みの罪を宣告されるのです
    自分は盗んでないとみんなの前で言うのですが・・・・
    冤罪 こんな事がおこってしまうのですね。
    ほんとうのどろぼうがいたのです このお話のおもしろさは読んで見て自分で味わってください!(お奨めです!!)


    作者のスタイグは、すごい人だな〜
    作者のいろいろな絵本もたくさんありますが このお話は是非読んでほしいと思いました。
    奥の深〜いお話ですよ

    掲載日:2011/12/12

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット