うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

はじめてのふゆ」 みんなの声

はじめてのふゆ 作・絵:ロブ・ルイス
訳:舩渡佳子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1992年11月
ISBN:9784593502929
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,440
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 苦労が報われる日

    初めての冬を迎える字ネズミのヘンリエッタ。
    蓄えた食糧が雨で流され、虫に食べられ、仲間たちに手伝ってもらって集めた木の実類はパーティで無くなってしまいました。
    もう一度集めようとしたら外は雪。
    しかたがないから寝てしまいました…。
    こんな悲惨な状況が、ハッピーエンドで終わるどんでん返し。
    心底ヘンリエッタに同情した私は肩透かしを受けてしまいました。
    この展開は読み聞かせにグーだと思います。

    掲載日:2013/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヘンリエッタのベッドは缶!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    表紙の絵がとても可愛かったので、図書館で一目ぼれして、借りてきました。
    秋から真冬にかけてのお話なので、寒い時に読むといっそうこの絵本の世界が見えてくる気がします。
    どちらかというと、ものすごくうまい絵ではないと思いますが、
    「ヘタウマ」というか、描かれている動物たちに不思議な味わいがあって、読んでいるとねずみのヘンリエッタからいつの間にか目が離せなくなっています。
    また、いろいろなシーンで描かれている秋の風景がとても素敵でした。
    個人的には(人が耕した)畑かな〜?その畑と3本の木をバックにヘンリエッタが夕暮れの道を歩いているところは、とても気に入っているシーンです。

    後、ねずみなので、家の中に、いろいろ人の使い古したものをリサイクルして家具として使っていて、いわし缶みたいなベッドで寝てるところも可愛かったです。
    文章の字はやや大きめで、読みやすかったです。4,5歳くらいのお子さんからお薦めします。

    掲載日:2011/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬の後には春がくる!

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    ヘンリエッタにとって初めてやってくる冬。
    産まれてすぐお母さんが死んでしまったので
    一人ぼっちの冬支度です。
    秋、仲間達が木の葉が落ちる前に木の実を集めるように
    教えてくれました。
    集めたけれど翌日の雨で流されてしまい
    そしてまた食料を集めると
    次は虫に全部食べられてしまいます。
    ヘンリエッタに訪れる不幸の連続。
    でもヘンリエッタには仲間がいます。
    みんなが食べ物を持ち寄ってくれるのです。
    そしてヘンリエッタは春を迎えることが出来ました。

    娘達にとって「お母さんが死んだ」
    という最初のページでかなりの衝撃を受けます。
    でも生きることや仲間がいることを教わり、
    そして冬(苦悩)の後には春が来ることを
    知ったのではないかと思います。
    悩める大人が読んでも
    何か胸のつかえがとれるような絵本だと思います。

    掲載日:2011/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな生き物へのやさしいまなざし

     じねずみのヘンリエッタは,小さいのにひとりぼっちです。そして,初めての冬を迎えます。

     途中まで,小さなヘンリエッタの独りぼっちの奮闘が描かれます。冬に備えての食べ物集め。そして数々の失敗。
     絵本を読みながら,思わずヘンリエッタに「がんばれ!」と声援を送りたくなります。そして,やっと森の仲間達が登場して,ヘンリエッタを助けてあげるのですが,またそこで波乱があります。

     とてもかわいい絵で,小さい生き物たちへのやさしい眼差しが感じられます。
     出版社の紹介には,「小さないきものたちの喜びにあふれた絵本」とありますが,本当にそのとおりの絵本だと思いました。

     最後は,ハッピーエンドで終わりますので,小さな子供さんにも安心して読んであげてください。(最後のページの春を迎えることができ,ヘンリエッタの喜ぶ絵が本当にかわいい!)

    掲載日:2011/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいそうだけどハッピーエンド!

    パパもママもいないヘンリエッタ。
    冬を越すために一人で冬支度を整えなければなりません。

    せっかく集めたこのみが、全部水で流されたり、
    虫に喰われたり。
    災難続きで、4歳の息子も、「このご本かなしいね」とコメント。

    今度はみんなの手をかりてこのみを集めますが、
    たくさん集まり嬉しかったヘンリエッタは、
    みんなでパーティをして、
    せっかく集めたこのみを全部、食べてしまいます。

    あーあ。。。

    でも寝て起きてみたら春がきていた!というハッピーエンドで
    終わるので、とっても救われた気持ちになります。

    いろんなことがあってもなんとかなるもんなんだね。

    このエンドでなければ悲しすぎて読めないところでした。
    ヨカッタ!

    掲載日:2011/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • けなげなじねずみです!

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子6歳

    ちいさいのに、お母さんが死んでいなくって、そして初めての冬をむかえる。。。こんなことって動物によくあることなのかな。子どもを持つ母としては、とってもかわいそうで仕方がなかったのですが、このねずみくんは、それでも一生懸命に生きていました。
    そこには、ねずみくんを囲む森があり、そこに住む仲間達がいました。
    どんなにねずみくんががんばっても、うまくいかない。そんなときは、仲間達が助けてくれるんですね。
    ねずみくんは、冬の間もほかの季節と同じように起きて食べて眠ってという生活を想像していたかもしれませんが、冬は眠って何も食べないんですよね。結末がとってもハッピーだったので、ほっと安心しました。喜んでいるねずみくんのお顔がたまらなくかわいかったです。
    冬の寒さも、ねずみくんと仲間達の思いやりで、ほんわか温かくなる、
    そんなお話でした。

    掲載日:2009/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 試行錯誤のふゆごもり

    ひとりぼっちでふゆごもりをすることになったネズミのヘンリエッタ。
    初めてのふゆごもりなんて何からどうすればいいのだろう?
    と思っていたら森の仲間たちが食べ物を蓄えておくことを教えてくれます。
    なかなか一筋縄にいかないヘンリエッタの冬支度。
    読んでいてハラハラどきどきしてしまいます。
    ヘンリエッタはどうなるのでしょう??

    秋も深まる時期に冬を迎える準備・・・みたいな絵本を見つけては
    よく読んでいる我が家です。
    6歳の娘も冬ごもりする動物、しない動物・・・っていうのも判るようになったし冬ごもりするために動物達はどんな準備をするのだろうということを
    とても興味深くみています。

    掲載日:2009/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • はらはらドキドキから急降下

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子10歳、男の子8歳、女の子6歳、女の子1歳

     一人で迎える初めての冬、みんなの忠告もあり食べ物を集めます。倉庫いっぱいにする度に、トラブル発生。せっかく集めた食べ物も空っぽになってしまいます。
     挙げ句の果てに、お腹がいっぱい、くたびれモード、「ゆきのしたのたべものさがしはすこしねむってからにしよう」と眠ってしまうからさあ大変!「おーい!どうするんだー!!」と思わず叫びたくなります。
     しかし、「目を覚ましてみると…春が来ていました。」ほっとしたような、がくっときたような終わり方でした。
     ラストが物足りないような気もするけど気持ちを最高潮に持っていっておきながら急降下、まさにジェットコースターのようなお話でした。

    掲載日:2009/01/27

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット