あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

「No Roses for HARRY! (ハリーのセーター 洋書版)」 みんなの声

No Roses for HARRY! (ハリーのセーター 洋書版) 作:(不明)
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「No Roses for HARRY! (ハリーのセーター 洋書版)」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どうしてバラ模様がいやなの?

    日本語版では「ハリーのセーター」という題名ですが、原書は「No Roses for HARRY!」。なのに・・・表紙にはバラ模様のセーターを着たハリーが! 娘は、きょとんとした顔で、「バラがあるよ!」 

    このセーターは、おばあちゃんからのプレゼントだったのですね。でも、ハリーは、バラの模様が気に入らなかった様子。娘は、逆に、「なんで?」と、また不思議そうです。(実物の花も、花柄も大好きな娘は、男の子のハリーの気持ちなんてわからない!?)

    相変わらずいたずらなハリーですが、いつも最後は必ずほのぼのとしたハッピーエンディングで、みんなが「よかったね」という気持ちになれます。素敵な巣を手に入れた鳥も、クリスマスに新しいセーターをもらったハリーも、本当に幸せそうな笑顔。娘は、ハリーが新しいセーターを着てみたときに、“He felt as cosy and snug as the bird in the nest.”との一文と、それに続くお決まりの文句 “But best of all-it was white with black spots!”の部分を、1番大きな声で、最上級の喜びを表現するように読んでくれます。娘も、ハリーと同じくらい、うれしいんですね!

    掲載日:2009/01/28

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット