十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

狂言えほん せつぶん」 みんなの声

狂言えほん せつぶん 作:もとした いづみ
絵:野村 たかあき
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年01月
ISBN:9784061323896
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,312
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 狂言

    狂言と聞くと、伝統芸能で敷居が高いと感じていましたが、こんなお話ならば、ぐっと気軽に楽しめそうですね。
    実際に舞台を見に行くことは難しいので、絵本にしていただけると、こどもと一緒に楽しめるので嬉しいです。
    人間も鬼も、ぐうたら亭主は追い出される・・・なんて(笑)

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • もう少し!

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、女の子6歳

    色々な節分に纏わる本を読んでみましたが、うーん。もうひねり、もうひともりあがりほしい!というのが正直な感想。想像と違う展開のわりに淡々とした読後感はなぜでしょう?狂言と銘打っているので、奇想天外なオモシロさを過度に期待し過ぎていたせいでしょうか?

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 意外に子供受けが良かったです

    • 夜の樹さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    3歳の子供に読みました。

    旦那の留守中に女に言い寄る鬼、鬼の好意を逆手にとってお宝をせしめる女、など3歳児に向いている内容とは思わなかったのですが、思いの他子供に受けがよく、何度も読むようにせがまれました。

    いつも読んでいる絵本と雰囲気が違ったのが良かったのかもしれません。

    勝手に親が判断せず色々なジャンルの本を読んでみた方が良いな、と思いました。。

    掲載日:2011/04/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 女はしたたか、おいらは弱い

    節分の豆まきでイメージしていたものが、数ページにして打ち崩されていく内容でした。
    狂言絵本ということですが、やけに大人感覚。
    もとしたいづみさん、子ども向け作品を多く手掛ける女性ながら、この絵本ではしっかり対象を大人に拡げています。
    子どもに読んでいるのか、自分で楽しんでいるのか、嫁さんは「この鬼は草食系だとのたまうし」…。
    鬼が出てきて、豆まきがあって、パンチを期待したら、一番のパンチ力は鬼の宝物を巻き上げたうえで追い払った女。

    鬼は何のためにわざわざ中国の蓬莱が島からやってきたのでしょうか(嫁さんさがしでもあるまいに)。
    鬼は何をしたかったのでしょうか(わざわざ遠方から来たにしては??)。
    鬼はどうして下手に出るのでしょうか(鬼よもっと胸を張れ)。
    鬼はどうしてこんなに弱いのでしょうか(きっと誰に対してもではないと思うけど)。

    多分原型の狂言はこれほどのなまめかしさはないのだろうな。
    それにしても、鬼ってどうして純粋で単純で清純なのだろう。
    この本の鬼には共感するばかり。
    カッコばかりで悪者にされて…、(すいません、自己弁護入ってます)。
    かくして私も嫁さんに豆をぶつけられるのでした。

    教訓:鬼は外では強くても、家に帰れば猫になる。

    掲載日:2011/02/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 少し大人テイストの節分

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    狂言絵本とあります。
    狂言は日本の伝統芸能ですから、やはり触れておきたいです。
    題名どおり、鬼に向かって「鬼は外!」と豆をまくお話なのですが、
    そこは狂言、少し大人テイストが加わります。
    最初は強面の鬼ですが、応待した家の女に一目ぼれ!?
    だんだん立場が逆転します。
    女も最初こそ怖がっていたものの、鬼の弱みを知るや、
    まさしく鬼嫁の様相です。
    鬼と女のやり取りがどことなく艶っぽくて、少し大人テイストですが、
    狂言らしい面白い展開をぜひ、子どもたちにも紹介したいです。
    版画技法を使った絵が迫力たっぷりで魅力的です。

    掲載日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • すごっ、全部とっちゃたよ!

     【狂言えほん】シリーズの中の一冊です。
     伝統芸能に絵本と言う形で幼いころから触れられるっていいなって思います。
     
     さて、この『せつぶん』は、内容的には、大人が楽しむ内容かもしれません。
     でも、お子さんと読む時には、鬼とおんなの声の調子や勢いを変え形勢逆転の面白さを強調すると、より一層楽しめるかと思います。

     陰暦で大晦日に当たる節分の夜、蓬莱ヶ島の鬼がまかれた豆を拾って食べようと日本へ渡って来るといいます。
     
     道を急いで空腹になった鬼は食べ物を請おうと辺りの人家を探します。
     鬼が声をかけた家は、夫の留守を守る女房(おんな)のみのよう。
     鬼は、首尾良く戸を開けさせます。
     おんなは…。
     
     恋心を抱いてしまう鬼の純情さと、鬼の心中の変化に気づいたおんなの計算高い強かさが対照的で大人には笑える内容です。

     「すごっ、全部とっちゃたよ!」と息子。
     
     『本当に恐いのは人間なんだよ〜。気をつけなさ〜い、欲張りな人間に。』ってよけいな警告をしたくなりました。

    掲載日:2010/01/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • さすが狂言、大人はニンマリ

    鬼が鬼らしい顔のものを見せようと思って
    2歳の娘に読みました。
    内容はよくわかっていないようでしたが、
    鬼が怖い顔なのと、豆をまくと逃げていった、ということは
    分かったようです。

    大人は、好きな女に絡む鬼を見て
    「こんなオヤジ、いるよな・・・」とニンマリしながら読んで
    読み聞かせる大人も中々楽しめたと思います。
    そこは、狂言という文化のなせる業なのでしょう。

    掲載日:2009/03/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • ちょっぴり情けない鬼。

    装丁にもひと工夫あって狂言の雰囲気が伝わってきます。
    鬼はなんだか憎めないキャラクターで
    反対におんなはしたたか。いつのまにやら鬼を手玉にとったりして。
    鬼とおんなの表情が逆転していくところがおもしろいです。
    せつぶんについてのお話かと思ったら
    意外な展開だったので、パパにも受けるお話だとおもいます。

    掲載日:2009/02/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 実は繊細な鬼と図太い女?

    • ちょし★さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳

    日本古来の伝統芸能「狂言」を絵本にしたシリーズ。いつも新作を楽しみにしています。
    今回は季節にも合わせて「せつぶん」です。

    鬼と女のやり取りが、徐々に逆転していく面白さ。
    小さなお子さんには少し難しいかな?
    小学校高学年位からがお薦めかもしれません。

    怖い顔して意外に繊細で純粋(?)な鬼と、
    綺麗な顔して意外に強かで図太い女のお話。
    大人が読んでも、クスリと笑える愉快なお話です。

    掲載日:2009/02/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • まいった かんべんしてくれ

    狂言絵本  本物の狂言でみたいですね
    裏表紙の茂山千五郎(鬼)・茂山千三郎(女)の狂言の様子を想像しています

    ほうらいがしま(中国)からやってきた鬼  顔は怖い顔しているのに どことなく 間が抜けた鬼です
    女のかわがかわいくて 惚れてしまうなんていうのは狂言ですると 笑えるのでしょうかね    
    のむらたかあきさんの鬼の絵も女の絵も どことなく愛嬌があって
    鬼が女におされてよろけ 「おんなの冷たさ  自分が女のことを好きなのに・・・・鬼が大粒の涙を流すところは かわいそうになりました

    それにひきかえ 女のしたたかさ 「鬼の目にも涙」 おお 女は怖いな〜 そう思えました(自分も女ですが・・・・)
    女と鬼のやりとりが狂言でみたら おもしろそう
    実際の狂言では 鬼がさまざまな小歌を歌い女の気ひこうとするとのこと   見所ですね!

    子供たちに伝える 「せつぶん」 もう今年は終わりましたから 来年には、この絵本を呼んであげて 狂言のことも紹介したいです

    掲載日:2015/02/18

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット