おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

だまし絵サーカス」 みんなの声

だまし絵サーカス 作・絵:ウォーレス・エドワーズ
訳:神戸 万知
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2009年01月
ISBN:9784062830263
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,377
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • うわっ!なにこれ

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    だまし絵、懐かしいです。
    子供の頃よく見ました。グルグル目が回るような円の絵や、本を水平にしたり逆さにすることで見えてくる絵。
    ちょっと本を動かしたり、視点を変えてみることで浮かび上がってくる姿に、感動したものです。

    この絵本ではサーカスを舞台に、様々なだまし絵が登場します。
    昔懐かしいものや、初めて見るものなど、種類も数も豊富。
    たくさん楽しむことができます。
    ヒントや答えもちゃんと載っているので大丈夫。
    答えを知ってから見ても、意外と楽しいです。

    中でも驚いてしまったのが「おばけ玉」。
    本をぐるぐると回すと出てくる新しい玉の出現に、思わず「うわっ!なにこれ」と声に出してしまいました。

    きっと楽しい発見ができると思います。
    是非、だまされて下さい。笑

    掲載日:2009/02/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 30分楽しめます

    このお話を読み始めてから終わるまでに30分はかかっていました。いろいろなだまし絵が載っていて、子供も大人も大満足の一冊でした!!中には、書いてある通りに見えないものもあったのですが、一生懸命にやっている子供の姿も見れてかわいかったです。

    掲載日:2013/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見える見える!

    いわゆる目の錯覚を利用して遊ぶ絵本です。
    普通に正面から見たのと、絵を逆さまにして見たのとでは、違った絵が見えてくる、とか、何重にも重なった円をぐるぐる回すと本当に回って見えてくるとか・・・。
    誰でも一度くらいやったことがあるんじゃないでしょうか。
    それにしても人間の目って不思議ですよね。
    その他にも色々なだまし絵が載っていて、中には小さい子にはちょっと難易度の高いものもありますが、「すごーい!見える見える!」と興奮しながら見ていました。
    思わず私も子供と交代しながら楽しんでしまいました。
    子供も親も一緒に楽しめる絵本です。

    掲載日:2011/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • だまし絵画家の作品

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子13歳

    題名のとおり、サーカスのようにだまし絵が次々と展開するという次第。
    読み聞かせというよりは、実際手にとってああだこうだと体感するタイプの本です。
    お馴染みの逆さ絵や錯視などを駆使しただまし絵はお見事です。
    その仕組みまで、どうして?という疑問にまで発展すればいいですね。
    「はらはらどきどきのぶたい」での赤い棒、絶対違う長さに見えますが、
    指や物差しで計ったら一緒という不思議体験もできますよ。
    学生時代心理学の授業でもお目にかかったので、私的には懐かしかったです。
    ただ、少しばかりおどろおどろしい生き物達も登場するので、
    ホラーが苦手な方は覚悟が必要ですね。
    また、眼の調子がいい時でないと、目を酷使しますので、気分が悪くなることも。
    ともあれ、最後の方では意地になって見つけてやる!の心境になってしまいました。
    脱帽。

    掲載日:2009/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達と頭をつき合わせて

    錯覚を使う不思議なだまし絵や、隠し絵絵本でお馴染みの逆さで見てみるなどトリックがおもしろい一冊。
    この手の本がだ〜い好きな娘はすぐ虜に。
    私は一度制覇してしまったら複数回手に取るかしら、と考えてしまいました。でも絵自体はおもしろいので、学校図書館や学童にあるといいかも。友達と頭をつき合わせて読むのも楽しいよ。
    でもでもやっぱり買った方が吉。

    なぜかって。
    ぐるぐる回すページがいくつかあって、図書館のでやられると恐ろしくて……。自分のなら思いっきりまわして確かめられます。

    掲載日:2009/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • お友達にも紹介します

    6歳の娘と読みました。娘は最初にこの絵本の絵を見たとき、「怖そう!嫌だ」といったのですが1ページ読んだだけでこの絵本の魅力に引き込まれたようです。娘は一番最初のトリックに一番驚いたようです。このような目の錯覚などを利用した絵本は初めて読んだのですごい衝撃ををうけたみたいです。どうしてこうなるのか?母も説明できませんが本当にすごいんです。次から次へとだまし絵が続きます。お友達にも紹介しようと思ってる絵本です。小学生でも十分たのしめると思います。

    掲載日:2009/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くっついた / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット