モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

いえでででんしゃはがんばります。」 みんなの声

いえでででんしゃはがんばります。 作:あさの あつこ
絵:佐藤 真紀子
出版社:新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2008年10月18日
ISBN:9784406051743
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,805
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 本質を見極めることの大切さ

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    何を頑張るんだろう・・・と
    気になって

    いる!こういう女の子(^^ゞ
    でも、きっと、野中さんのように
    理由があるんだよね

    大人の何気ない育児、関わりが
    子どもの心に影響を与えるんですよね

    今回は、「がんばれ」という何気ない言葉・・・

    これは、震災後の「がんばれ」にも似てる
    こんなに頑張ってるのに
    更に、何を頑張ればいいの?・・・みたいな

    ミズキちゃんのおどおどの様子
    いじめににも似た雰囲気

    けいすけくんの潔い言動と
    鋭い本質を見抜く力
    とても、素敵な友達ですね

    見た目の格好よさと
    そうではないけど
    本質を見極めるということ

    いろいろ教えられます
    大人にも、是非!

    掲載日:2011/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆうかいででんしゃの登場!

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    すっかりいえでででんしゃのしゃしょうさんと仲良しになった、さくら子とけいすけ君のこのたびの冒険は・・・

    なんとゆうかいででんしゃが初登場します
    予想通り、子どもが喜びそうな待遇の良さとかが満載で、心が揺れてしまいます
    頑張りすぎてるって・・・・決して悪いことだとは思いません
    両親だって、子どもを大切に思うがために、色々と期待もしてしまうのでしょう・・・

    子どもも大好きな親に嫌われたくない一心で、頑張るんだよね・・・
    そしたら、そしたらいっぱい褒めてあげたいです
    でも・・・無理をしちゃいけませんね・・・

    お互いに壊れちゃうから・・・

    子育てが難しいといわれる時代、ともすると子育てを失敗したと
    自分を責めてしまう母親がなんと多いことか・・・

    どんなに状況が周りから見たら、悪くとも
    親が信じてくれるならと、折れた心を抱えながら
    前へ進もうと力強く立ち上がる「可能性」を
    子どもたちは一人残らず持っていると私は思います

    ミズキちゃんもきっと元気になりますね

    掲載日:2011/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばれないよ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子13歳

    先日中学校の図書室でPTAの会合があり、ふと掲示物を見ると、
    生徒のおすすめ本コーナーがありました。
    そこにあったのが『いえでででんしゃ』。
    え?これって、小学校中学年向きじゃないの、と思いつつ、
    内容を思い出して、うん、中学生にも十分共感できるよね、
    と納得しました。
    今作はそんな『いえでででんしゃ』の第3作目。
    主人公のさくら子の心にそっと寄り添ってくれるいえでででんしゃに再会するシーンでは、
    私ももう一度会えた!と嬉しくなりました。
    意外だったのは、今回関わってくるのが、泣き虫のミズキちゃんではなく、
    ちょっと意地悪な野中さんだったこと。
    話が進むにつれ、頑張りすぎて耐え切れない野中さんの気持ちが明らかになります。
    ちょうど、あるコラムで読んだ、
    問題がなさそうな生徒こそいろいろ抱えこんでいることが多い、
    との指摘に感銘を受けたことを思い出しました。
    頑張り過ぎなくていいよ、というメッセージが伝わってきます。
    さすが、あさのあつこさん。
    とても心に響く物語です。
    もちろん、第1作、第2作も読んで欲しいです。
    大人にも、中学生以上にも。

    掲載日:2009/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばりすぎてる子どもたちへ。

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子15歳、女の子13歳、女の子8歳

    「いえでででんしゃ」シリーズ3作目が出たことを、お友達のブログで知り、さっそく図書館で借りてきました。

    絵本ではなく児童書なので、読み聞かせるには長く、1.2作目は自分一人でこっそり楽しんだあと、長女に「暇があったら読んでみれば?!」と渡していたのだけど・・・今回は、次女が早くベッドに入った日に読んであげることにしました。(個室がない長女も、一緒に聞いていたようです。)

    小学校3年生の主人公さくら子をはじめ、けいすけくんや「いえでででんしゃ」の車掌さんなど、シリーズお馴染みの登場人物の他、ミズキちゃんや野中さんなどのクラスメイトや、「ゆうかいででんしゃ」の車掌さんなど、新顔もたくさん登場し、にぎやかな感じがします。

    1作目は、家族や親子といった身近な大人VS子どもの関係
    2作目は、地球のどこかで起きている戦争や将来の夢
    ・・・などがテーマになっていましたが、
    今回の3作目は、いじめとか友達関係とか・・・について、じっくり考えられる内容になっています。

    次女にも、やはりタイムリーだったようです!
    眠い目をこすりながらも、「一体どうなっちゃうのか?」お話の展開が気になるようで、最後までちゃんと聞いていました!

    友達関係に悩み始める、小学校中・高学年〜中学生くらいにおすすめですが、実は、「がんばれ。がんばれ。」と、無意識のうちに子どもたちを追い詰めてしまっている、私たち親世代こそ、読んだ方がいい本かもしれません!

    掲載日:2009/02/25

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット