もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

紙芝居 いわじいさん」 みんなの声

紙芝居 いわじいさん 作:松岡 励子
絵:福田 庄助
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,071
みんなの声 総数 2
「紙芝居 いわじいさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 畑の精?

    中国のおはなしとのこと

    心やさしく
    働き者で
    正直者の弟は
    岩をおじいさんと親しみこめて話しかけます
    そうしたら・・・

    お礼に対しても弟は謙虚です

    その反対派、お兄さんなわけですが
    さて、弟はどこに行っちゃったんだろう???

    話が今度は、お兄さんとお嫁さんに
    対象が移ってしまいます
    大変なことですよ

    でも、お嫁さんは、3年・・・
    と、いっても中国では「長い」ことをいう
    3年なそうですから
    大変なことです

    はたして、女性の皆さんは
    お嫁さんみたいに出来るでしょうか(^^ゞ

    ちょっとかわったおはなしでした

    掲載日:2013/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 中国のユーモア

    私の紙芝居デビュー。
    進められて、小学校の昼休みに読み聞かせしました。
    不思議な昔話です。
    働き者の弟と欲深な兄。
    欲深なお兄さんは懲らしめられて、悲惨な結末で終わり…というのが慣れ親しんだパターンですが、意外な結末。

    欲深な兄の腕をくわえ込んだ「いわじいさん」。
    その奥さんが、3年3月、身動きできないお兄さんに食事を運んで、すっかり財産を失ってしまい。
    「それじゃあその腕ちょんぎって」と歌うと、いわじいさん、その歌に大笑いして、口をあけてしまいます。
    開放されたお兄さんはすたこら逃げ帰る。

    スケールの大きさと、ユーモアを感じました。

    奥さんの歌を、思いたっぷり節をつけて歌ったら、大うけでした。

    掲載日:2009/02/03

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット