ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ぞくぞく村のとうめい人間サムガリー」 みんなの声

ぞくぞく村のとうめい人間サムガリー 作:末吉 暁子
絵:垂石 眞子
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1996年08月
ISBN:9784251036780
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,042
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 宝物

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    奥さんの誕生日のために宝をさがしにいくサムガリ-のお話。
    巻末のぞくぞく村だよりとあわせて奥さんを愛しているんだなーと思いました。
    お宝をたくさん持ち帰ろうと目を光らせる魔女のオバタンに親近感が(笑)。
    やはりお宝というものはそう簡単には手に入りません。サムガリ-たちはお宝をゲットできるのかドキドキしながら読めました。

    掲載日:2014/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 透明人間の特技をいかして

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    5歳の息子がぞくぞく村シリーズにはまっています。

    この巻では、寒がりなので、たくさん着込んでいて、姿が見えてしまう透明人間サムガリーが、ミイラのラムさんと魔女のオバタンと一緒に宝探しに行きます。

    宝の地図を頼りに、魔女のオバタンの大鍋ででかけ、谷底に宝物を見つけた三人ですが・・・、そこにはへびがいて、宝を取って来ることができません。そこでサムガリーに白羽の矢が!だって透明ですからね。5歳児にもその面白さがちゃんとわかっていました。

    数は多くなかったけど、ちゃんと宝物は持ち帰ることができて納得の結末でした。

    掲載日:2013/10/15

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット