ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

トゥートとパドル クリスマスは きみといっしょに」 みんなの声

トゥートとパドル クリスマスは きみといっしょに 作・絵:ホリー・ホビー
訳:二宮 由紀子
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2001年11月
ISBN:9784892385827
評価スコア 4.81
評価ランキング 248
みんなの声 総数 15
「トゥートとパドル クリスマスは きみといっしょに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  •  クリスマスを誰と過ごします?
     家族。友人、恋人、人それぞれですが、やはり一番大好きな人と過ごしたいものです。
     そんな思いがつまった絵本が、この作品です。

     アメリカの絵本作家ホリー・ホビーの人気シリーズ「トゥートとパドル」のクリスマスバージョン。
     主人公の「トゥートとパドル」は、性格はまったく違うのに大の仲良しという、子ぶたの名前です。
     スコットランドに住むひいおばあさんの妹のおばあさんの100歳の誕生日に出ていたトゥートはクリスマスまでにパドルの住む村に戻るつもり。
     おばあさんの家を出る時に、「しあわせのくるみの実」をひとつもらいます。
     ところが、大吹雪にあってしまって、なかなかアメリカに戻れません。
     一方、クリスマスに戻るというトゥートからの手紙を受け取ったパドルは、大忙し。
     皆さんにも経験あるでしょ。
     クリスマスにはツリーを飾ったり、おいしい料理をこしらえたりしないといけないのですから。
     でも、でも。

     ウッドコック・ポケットの家まではまだまだうんとあるのに、トゥートは大雪に阻まれてしまいます。
     とうとうトゥートは大きな木の根元にうずくまってしまいます。まわりはまっ白な雪ばかり。
     大丈夫かな? トゥートは。
     その時、トゥートはおばあさんからもらった「しあわせのくるみの実」のことを思い出します。
     すると、どうでししょう。
     暗い雪の中に明かりが見えます。すずの音も聞こえます。
     大きなソリがトゥートに近づいてきるではありませんか。

     雪明りで明るいウッドコック・ポケットの家の前で、パドルはトゥートのためにせっせと雪かきをしています。
     遅いけれど、クリスマスには戻るって約束したのですもの。
     そこに、ソリに乗せられてトゥートが帰ってきます。
     これで、大の仲良しの二匹の子ぶたはいっしょにクリスマスを迎えることができます。
     でも、トゥートを乗せてくれたソリの主は誰だったのでしょう。

     もちろん、あの人。
     クリスマスに子どもたちに読んであげれば、きっとその人の名前を叫ぶにちがいありません。
     もし、ひとりぽっちのクリスマスでも、きっと心が温まる、そんな絵本です。

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な2人

    クリスマスが近くなってきたので、借りました。このシリーズは全て絵がとっても素敵です。この絵本は表紙のクリスマスツリーがところどころキラキラしていて、表紙を見るだけでなんだかワクワクします。

    スコットランドに行っているトゥートがクリスマスまでに帰ると言うので待つパドル。トゥートのために一生懸命になるパドル。とっても素敵です。でも、24日大雪でトゥートは雪の中で動けなくなってしまいます。そこに現れたのは・・・。

    とっても夢のあるお話です。この季節に是非読んでくださいね。

    掲載日:2012/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスってあったかいなあ

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    欧米のクリスマスは、こちらでいうお正月のように、おうちに帰ってお祝いするのが通例なのでしょう。久しぶりに出会う家族や友達と、再会をわかち合うひとときでもあるのでしょうね。
    このお話では、おうちに帰るまでのふぶきや大雪のようすが描かれていて、とっても印象的でした。寒い寒いなかを通って帰り着き、大好きな仲間と会えたときのうれしさは格別だろうなあって、想像しました。
    トゥートとパドルの連絡ツールがメールっていうところにびっくり。絵本のなかでも情報伝達の変化が起こってるんですね。
    トゥートとパドルのお互いを思いやる心の深さには、教わるものがたくさんあります。彼らのように優しくなりたいと心から思いますね。

    掲載日:2011/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマス

    クリスマスの飾りつけが素敵な表紙の絵に惹かれました。お互いを思いやる気持ち、お互いに大切なクリスマスに一緒にいたい気持ちが伝わってきました。大好きなトゥートから「クリスマスには帰るよ」のハガキが届いたのでもう嬉しくて嬉しくてどうしょうもない気持ちがパドルは上手く表現していると思いました。トゥートも吹雪の中、必死で家路を急ぎます。孫は、飛行機を見たら、「エミレイツ!」と叫んでいました。パパが日本に上陸した写真があっていつも眺めているから思わず叫んだ言葉だったのでしょう・・・・2ページにわたる飛行機の絵に見惚れてしまいました。とてもインパクトがあって魅了しました。クリスマスは大事な人と一緒に過ごすのがなりよりのプレゼントだと思いました。

    掲載日:2011/01/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 抜群のセンス

    サンタクロースがどうしたとかキモになるような言葉は敢えて使われていないところが非常に洒落ていますが、幼い子供には最後まで分かりづらいかも知れません。

    ものすごい奇跡を、サラっと粋に描いています。

    ですが、こういう洒落のセンスを子供のうちに鍛えておくのもいいかな・・・・などと思いました。

    それにしても、イラストのセンスも抜群に素晴らしいです。

    凍える屋外と、暖かな室内、吹雪の後の太陽がまばゆい朝・・・・、コントラストがいきいきと鮮やかで、温度や匂い、光りまでもまるで読み手もその場にいるかのように感じさせてくれる繊細な技術です。

    リアリティ溢れる現代的な世界観に子豚や羊など表情豊かな動物達・・・・子供に見せるにも自分が楽しむにもよい絵本です。

    掲載日:2010/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 互いを思う気持ち

    このシリーズ、絵がとてもかわいくてまたお話もほのぼのとして私が好きなシリーズです。

    訳も私が好きな作家さんの二宮さんですし。

    クリスマスという特別な日、プレゼントやケーキだけでなく、近くにいてほしいのは大切な家族だったり友だちだったりしますよね。

    お互いがお互いのことをとても大切に思っている気持ちが伝わってきました。

    ほのぼのとして心温まるお話が好きな私なので今回も気に入りました。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマス前の数日のドキドキワクワク感

     仲良し、トゥートとパドルシリーズです。
     スコットランの親戚のひいおばあちゃんの、100歳のお誕生日のお祝いに行っているトゥート。

     はがきで、パドルに“クリスマスには帰るよ。”の連絡。 
     パドルは、トゥートが帰るまでにと、いそいそワクワクしながら、クリスマスの準備です。
     
     クリスマス前の数日のドキドキワクワク感が伝わってきます。
     トゥートを本当に大切な友人と思っているパドルの様子に、心があったかくなります。

     トゥートも、クリスマスに間に合わなくちゃと、吹雪の中必死で帰路を急ぐ様子で、“約束を守ることは大切だ”と教えてくれます。
     そして、トゥートが出会い助けてくれたのは…。

     ラストまでハラハラしながら読みました。
     私もウッドッコック・ポケットでクリスマスを過ごしてみたくなりました。
     当時3歳の息子は、表紙絵のツリーのキラキラ光る装飾に、繰り返し触っていました。

     懐かしいクリスマスの思い出の一冊です。

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なクリスマス

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    次男がこのシリーズをとっても気に入ってます。
    景色がとても細かく幻想的に描かれていて、絵がきれいなのが私も気に入ってます。息子のほうは豚がかわいいのだと思いますが。。

    クリスマスには帰るよと言うお手紙をもらったパドルが、
    一生懸命クリスマスの支度をします。
    とても素敵な友情関係で、こんな友人外たら素敵だろうなあと思います。
    性格は違うけど、いつもお互いを気にかけていて、心底理解しあってる二人(二匹)のエピソードに
    心が温かくなりました。冬景色のクリスマスが素敵です。

    翻訳で手紙の口調で話が進みますので、ちょっと読みにくいですが
    これからのクリスマスシーズンに最適だと思います。

    掲載日:2009/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスに読みたい絵本

    表紙を見て可愛いと思い手に取った絵本です。
    旅行に行っているトゥートとクリスマスを一緒に
    過ごすためにパドルがクリスマスの準備を始めますが
    どんどん雪が降ってきて・・・

    外国のとっても可愛い絵本でした。
    トゥートとパドルの仲良しな様子がとても表れていて
    ほんわかした気持ちになる絵本でした。
    今の時期にぴったりのクリスマス絵本で
    「クリスマスの夜は早く寝ないとね。」と
    子供達もお話を楽しく見てました。
    トゥートとパドルのシリーズは沢山出ているようで
    ぜひ他のシリーズも読んでみたいと思います。

    掲載日:2008/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙に魅かれて

    • 茶々丸さん
    • 70代以上
    • じいじ・ばあば
    • 埼玉県

    クリスマスも近づいてきた事だし、孫娘にクリスマスを教えてやろうと思い選んだ絵本ですが、決め手は表紙の挿絵でした。
    クリスマスツリーを飾る2匹の子豚とキラキラ光るツリーの絵に暖かみがあってとても和まされます。

    肝心の孫娘は、文章を読んでしまうと飽きてしまうようで、挿絵を見て楽しむようにしていますが、子豚が雪に埋もれて震えている場面では「どうしたの?大丈夫?」と心配をするなど感情の芽生えを見せてくれました。

    掲載日:2007/11/24

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / くまのコールテンくん / がたん ごとん がたん ごとん / 3びきのかわいいオオカミ / ちょっとだけ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット