十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

世界おはなし名作 2」 みんなの声

世界おはなし名作 2 出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,940+税
発行日:1996年09月
ISBN:9784092130241
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「世界おはなし名作 2」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 陰のあるシンデレラ

     「はだかの王さま」など、7つのお話で構成されています。どれもポピュラーなお話ばかりですが、赤坂三好、長新太、スズキコージなど、一流画家による絵がずらり勢ぞろい。とても新鮮な気持ちで、物語に触れることができます。たとえば、 「三びきのやぎのがらがらどん」と言えば、マーシャ・ブラウンの絵を思い浮かべますが、長さんの絵もこれまたユニーク。一目で好きになりました!

     スズキさんの「はらぺこねこ」も大迫力でしたよ! 娘は、お話の最後に、破けた猫のおなかから、食べられた人間や動物たち、それに月や太陽も、ぞろぞろと這い出してきた絵にびっくり。その前にも、「太陽は食べちゃったら熱いよ〜!」と、驚いていましたが、無事に出てきてよかった!

     宇野亜喜良さんの「シンデレラ」には、私も娘も、最初こそぎょっ(!)としてしまいましたが(半開きの目で首をかしげ、シンデレラの表情を真似る娘の顔がまた可笑しくて・・・)、読み進めていくうちに、この独特な「陰のあるシンデレラ」の容貌も気にならないくらい(?)お話に引き込まれていきました。
     他の「シンデレラ」のほとんどが、外見やプリンセスストーリーに重点を置いているのに比べ、このお話では、シンデレラの内面の美しさも大切に描かれています。今まで散々シンデレラにいじわるをし続けたお姉さんたちにさえ、シンデレラは心をかけてあげるのです。
    「そのやさしいやり方を見て、王子さまは、シンデレラのことが、ますます好きになりました。」の一文で終わっている物語。娘も、「シンデレラがやさしくしてあげたから、いいことが返ってきたんだよね」と、納得していました。

     「北風と太陽」や「つるのしかえし」など、イソップ童話の短いお話の数々も娘のお気に入り。
     全体を通しての1番のお気に入りは、「はだかの王さま」でしょうか。はだかで歩く王様を見て、我が家のお転婆娘、突如としてパジャマを脱ぎ捨て(!)パンツ一枚で、ふんぞり返って部屋の中を行進する姿には、唖然! そして、さらに、「王様がお尻も丸出しでパレードすれば、もっとおもしろい!」なんて言っていました。娘が、ティーンエイジャーになる頃に、話してやろうと思っています!
     感想や反応を書き留めておく楽しさも、こんなところにあるのかなぁ?と思いながら、1冊で何倍も楽しませてもらいました!

    掲載日:2009/12/16

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット