だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

世界の名作4 オズの魔法使い」 みんなの声

世界の名作4 オズの魔法使い 出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1997年12月20日
ISBN:9784092500044
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,019
みんなの声 総数 2
「世界の名作4 オズの魔法使い」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 幼稚園年長〜低学年向けです

    • 麗ままさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳、男の子1歳

    「オズの魔法使い」の物語を初めに娘が知ったのは、洋書版をプレゼントされたことからでしたが、そちらは1人で理解するには内容的には少々難しいようでした。その後もっと詳しいストーリーを知りたいとのことでたどり着いたのがこちらの1冊です。ごく簡単なものからかなり詳しいものまで、オズの魔法使いは沢山出版されていますが、こちらは幼稚園年長〜低学年の子に最適だと思います。ストーリーもほどよく詳しく書かれており、絵も美しく、大きくてインパクトがあり、娘は食いついていました。

    掲載日:2010/12/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 虹の彼方に

    over the rainbow...

    まさしく虹の彼方に連れて行って貰った気がします。

    ドロシーとトトが、かかし、ブリキの木こり、ライオンと
    仲間になり美しいオズの世界を旅しながら成長して
    故郷のカンザスに帰るまでのお話。

    大筋の話は私も分かっていたのですが、いざ読み始めると
    ぐんぐん引き込まれて行きます。娘も早く次が読みたいと
    毎晩せがみました。世界の名作に選ばれるだけのことは
    あるなぁ〜。とただただ感嘆するばかり。

    絵もなんとも素敵で「今日は夢でオズの世界に行くの」と
    言ってから眠りについていました。

    今まで図書館から借りた本の中で買って大切にしたい
    本はどれか聞いたとき「オズの魔法使い!」と
    嬉しそうに答えました。

    また虹の彼方に行くんだなと納得してしまいました。

    掲載日:2010/02/24

    参考になりました
    感謝
    1

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / チリとチリリ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット