貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

七ふくじんとおしょうがつ」 みんなの声

七ふくじんとおしょうがつ 作:山末 やすえ
絵:伊東美貴
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年10月
ISBN:9784774604954
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,746
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • お正月に

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    お正月にいい絵本ですね。
    七福神の説明等もあって、子どもがふーんとうなずいている感じでした。
    お正月のちょっとした由来とかも書かれていてよかったです。
    七福神や年神様に会えるだなんて、縁起がいいですねー!
    宝船に乗りたいという気持ち、分かる気がします。

    掲載日:2018/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本で〜!

    お正月にぴったりな絵本です。
    日本人として「七福神」って子供にも知っておいてほしいなと思いながらも,恥ずかしながら親の私は「七福神」についてこの7人の神様を説明できるか言われると正直できません。
    そんな時,絵本の力ってすごいな〜と思わずにはいられません!!(笑)

    掲載日:2017/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • お正月の風習がいろいろと取りあげられていて勉強になります。どちらかというと教養路線でかしこまった感じがするのが残念でした。
    七福神の言葉で手にしたのですが、タイトルにある七福神が単純にグループ化していて、見返しで説明されている以外に、個性的でないのでこの点も残念でした。

    掲載日:2017/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • お正月&「七福神」入門ガイド

    文章が多いかな・・・
    でも、説明だから、そうなりますよね

    お正月のいろいろな気になることが
    いっぱい紹介されています
    知っているようで
    知らないことが多いのではないでしょうか?

    アニメチックな絵ですが
    御節のお重の中身もなかなか立派なもの!
    御屠蘇について・・・そうなんだ!
    お年玉もいただき
    年賀状
    初詣・・・
    いいですねぇ

    凧揚げいいです!
    と、なるほど、ここから七福神さんとの出逢いに
    なるのですね

    気になったのは
    寿老人さんがイメージとちょっと違うなぁ〜

    年神様を指差しは、ちょっとどうなのかな・・・
    おじいちゃん、おばあちゃんは、年賀状だけなのかな
    従兄とかの交流はないのかな
    という、細かいことが気になるおばさんでした(笑

    これをきっかけに
    パパママもお子さんと一緒に
    “伝統”を考えるきっかけになるといいですね

    お正月飾りも
    車の飾りも、あまり目にしなくなってきましたもの
    あとがきにも
    うんうん、頷いていました

    「幸福を願う心」を大切に受け継いでいきたいものです

    掲載日:2016/12/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本の伝統的お正月

    お正月前に、図書館で『お正月』に関する絵本を借りてきました。

    娘に読み聞かせする前に、私(母)が一読して、
    お年玉の由来、おせち料理の意味、七ふくじんなど、ちょっとお勉強要素が多いので、あんまり食いつかないかもと感じましたが、
    予想を反して、娘はとても興味を示し、こんぶはよろこぶとか、だじゃれに大笑いしていました。

    お正月の色々な由来を娘に読み聞かせながら、私も初めて知ったことや改めて勉強になったことが多々ありました。
    日本の伝統的なことを正しく子どもたちに伝えるのにはとてもわかりやすく、とても良書だと思います。
    この絵本を通して、お正月について学んで、意味を知ったら、実生活でも手抜きのお正月じゃなくて、きちんとしなければという思いになりますね。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子でお勉強

    子どもと一緒に、お正月のいろいろな由来などを学ぶ、良いきっかけになりました。門松やおせちやお年玉の意味、年神さまなど、知っているようできちんと知らないことを教えてくれます。
    我が家は年々手抜きになって、省略してしまうお正月行事も多いのですが、この絵本を読んで、伝統行事はきちんとして、子どもたちにもきちんと伝えたいと思いました。

    掲載日:2012/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • お正月

    お正月の行事の由来がしっかりわかる絵本だと思いました。

    なかなか上手く説明ができないので、絵本を読んであげれば自分でも学

    べれるし、絵本から楽しく伝えられます。

    今年も後3日でお正月です。ちょっとすました振袖姿のさやちゃんがい

    いなあって思いました。孫と凧揚げをやりたいと思ってます!

    掲載日:2012/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • いっぱしの七福神とお正月博士

    お正月の初夢に七福神の絵を枕元に入れると良いと
    子供に話をしましたが、肝心の七福神の事はたいして
    知らなかった私。

    この本を借りてきました。大掃除でバタバタしている間
    娘は一人でこの本を熟読。鏡餅を飾る時には鏡餅を飾る意味を
    教えてくれ、お雑煮に入る具を用意している時にもいわれを
    教えてくれました。「年神様が〜」と語り口も流暢にお正月を
    迎えることをとても楽しそうに話してくれました。

    七福神のお一人お一人がどこの国出身か書いてあるのが
    娘にとってはツボだったようでしっかり覚えて説明してくれました。
    (弁財天さんがインド、福禄寿が中国等々)

    分かりやすく楽しくお正月を身近に感じられる絵本です。

    掲載日:2012/01/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • お正月を前に

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、女の子6歳

    日本独自の伝統行事を色々子供達に伝えていきたいと思っています。1年の始めを祝うお正月についてもしかり。もうすぐお正月なので、この本を読みました。七福神やお正月について楽しく知ることができ、ますますお正月が待ち遠しくなりました。

    掲載日:2011/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • お正月

    まだお正月には早いのですが、子供のリクエストで読みましたが、私のほうが勉強になる内容でした。

    七福神のこと・お正月の風習やお節にこめられた願いなど、恥ずかしながら、知らないこともありました。
    地域によっては、この絵本の内容があてはまらない場合もあるでしょうが、自分の地域の慣わしを見つめなおす、きっかけとなるのではないでしょうか。

    日本の良い風習を伝えるという意味で、とても良い絵本だと思います。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『星のゆうびんやさん ハイタツマン』「アキレスケンさん」 インタビュー

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット