なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

とけいのほん 1」 みんなの声

とけいのほん 1 作・絵:まつい のりこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1993年3月15日
ISBN:9784834002300
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,373
みんなの声 総数 128
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

128件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 親の心次第

    どんな本でも、読み終えたと同時に必ず「もう1回!」と、せがむ娘が、この本に限って、次の日も、そのまた次の日も、2度と「読んで」とは言わないまま、今日に至っています。いつもなら、少なくとも、数十回は繰り返し読み、各ページ10行以下の本なら、数日でほとんど暗唱してしまうほどなのに、どうしてだろう?と、考えてしまいました。そして、思い当たったのが、☆3つ以下の評価をされたみなさんと同じ理由・・・親の私が「お勉強をさせよう」という心で読んでしまったからなのですね。娘は、デジタルの時計なら、分まで正確に読むことができ、アナログの時計は、この本と同じレベルの「〜はん」までわかるので、つい「わかって当然でしょ」という心が出て、「いまなんじ?」「どっちがほんとう?」「なんじかわかる?」という質問形式の文章を読んでいるうちに、いつのまにか、テスト問題を出しているような気持ちになり、正確に読ませようとする力みに変わって、子どもに絵本を読む楽しさよりも、プレッシャーを与えてしまう結果になってしまったのだと思います。本当に、親の読み方と、親の心次第で、子どもを絵本好きにも、絵本嫌いにもしてしまうんだな、ということを、身をもって実感しました。これまでに、何百冊と読み聞かせをしてきましたが、こんなことは初めてで、自分にとっても、もう1度初心に返るための、よい経験になりました。本自体は、とてもわかりやすく、時計の読み方を学習するのに役立つものだと思います。

    1ヵ月後、「えほんおじさん」の読み聞かせポイントの一文に出会い、肩の力がすっかり抜けた翌日、もう1度この本を引っ張り出してきて読んでみました。・・・「教えようとしたり、説明しようとする必要はありません。物語絵本のように、何回も読んであげるだけでいいです。きっと、すぐに、子どもは時計がよめるようになることでしょう。」
    娘は、大きな声で時間を読み上げました。時計を読めるのが嬉しくて、嬉しくてたまらない、といった様子で。私も1ページごとに、いっぱい、いっぱいほめてあげました。

    掲載日:2008/03/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 分かりやすいです

    娘が時計に興味を持つようになり、色々な時計の本を試してみました。
    子どもが理解する本になかなか巡り合わなかったのですが、この本は分かりやすいと思います。

    とけいのほん1ととけいのほん2があり、1は基本の基本といったところ。
    1では、まず12時1時などのちょうど長い針が12になる時間と○時半というよに、分かりやすいところから、教えてくれます。
    少しずつ読んでいくうちに、時計を理解してくれるようになりました。

    掲載日:2016/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 根気よく…

    春から保育園に通い始めて、色々な歌を覚えて帰ってくる長男。最近、♪コチコチカッチンおとけいさん♪と歌っていたので、読んでみました。最初は途中で飽きてしまって最後まで読めませんでしたが、何回か繰り返し読んでいると、「7時!」とか「3時半!」と答えてくれるように。子供が少しずつ出来ることが増えるのは、親として感動する瞬間です。他の方のレビューにある通り、教えようという心理が働くと子供は途端にソッポ向くとありますが、私も最初は力が入っていたかもしれません。もう少し慣れてきたらステップ2も試してみたいです。

    掲載日:2016/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • これは、よい本!

    ずっと家で眠っていた『とけいのほん1』と『とけいのほん2』、娘がお休み前の本に選んだので、これはおもしろくないのにな、と思いながら読み始めたところ、見事な説明!わたしも改めて、時計の読むときの頭の動きを認識しました。

    4歳の娘には、まだ時計の読み方はちんぷんかんぷん。でも、2冊とも飽きずに聞き入っていました。物語性もあり、飽きさせません。それに、リズムも言葉にのって、読み聞かせるほうもなかなか楽しいです。

    これは、5回6回と読み聞かせているうちに、きっと気が付いたら時計は読めるようになっているはず。

    ほかの時計のほんは読んでいないけれど、この本だけで満足です。

    掲載日:2015/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • のっぽとちび

    他のとけいの本を最初購入しましたが、なかなか難しかったようで二回程読んでと持ってきただけて、あまり関心もないようでした。次に購入したのがこれ。2歳の娘でもわりとわかりやすいようで、この絵本を読んでからはよく、いまなんじ?と聞くようになりました。のっぽが下だから、半!と言うようになりました。少しでも時計に興味を持ってくれて良かったです

    掲載日:2015/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • まだわからないけれど

    ちょっと早いかと思いながら
    2歳のときから読み聞かせしてますが
    3歳の現在、まだ理解できていないので
    とけいのほん2へは進んでません
    実生活と連動させながら、楽しくわかるように
    なってくればいいなーと思っています
    どんぐりぼうやが可愛いです

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちびとのっぽ

    • モミジさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子4歳、男の子0歳

    ちびとののっぽが花に数字をつけて時計をつくるところが気に入っています。

    内容は、〇時というぴったりの時間から始まって、〇時30分までが読めるようになっています。

    イラストもかわいいし、こうやって説明すればいいのか、と思いました。

    子供は家の時計の秒針を分だと思っていたようですが、ちびとのっぽを見て違うということに気が付いたようです(笑)

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと早かったかも

    最近時計を見る度に、今何時かを知りたがる息子。時計の絵本を与えるなら今だと思い、レビューの良いこちらを購入してみました。
    でも息子は時計の針(ちびとのっぽ)たちがどこへ向かうのかばかり気になってしまい、肝心の時計の読み方には全く関心を示しません。
    また途中で登場する光の玉も「これはなあに?」と気になって仕方ない様子。どんぐりや星のように、もっと分かりやすいキャラクターだったら良かったのにな…。
    ラストで「お話は2に続く」となっているのも、ちょっとガッカリしてしまいました。シリーズ物にするのは良いですが、幼い子供の本は一話完結型にしてもらいたいです。

    掲載日:2015/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然に時計が読めるように

    パパが起きる時間だけは時計がよめるようになってきました。
    そのタイミングで読んでみました。
    まだすっと理解できるようなレベルではありませんが、最初に時計に馴染むにはとてもよい絵本だと思います。
    ストーリーもありますし、長針と短針の仕組みもこのように教えるのだなぁ〜と私自身が感心させられました。
    子供が飽きない程度に繰り返し読んであげて、自然に時計が読めるように導いていきたいと思います。

    掲載日:2014/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • くるまが出てきます

    1歳1ヶ月、時計に興味があるようなので、時計の本を探してたどりつきました。

    息子は表紙を見た瞬間に笑顔!
    時計が好きなのかそうかよかった。
    と、読み進めてみると意外なことに‥針がひっぱっている荷車にハマってました。

    荷車をひたすら指さす息子。
    時計のことも思い出して!
    車好きな子なら何歳でも楽しめるのかも?

    しかしこの本、2に続くんですね!!
    2もゲットせねば‥(大人が読むと続きが気になる)

    掲載日:2014/08/26

    参考になりました
    感謝
    0

128件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / とんことり / しょうぼうじどうしゃじぷた / おふろだいすき / じゃあじゃあびりびり / おばけのバーバパパ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『くれくれくまちゃん』 翻訳者 成瀬まゆみさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット