ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ママお話きかせて1 生きる力を育てるお話編」 みんなの声

ママお話きかせて1 生きる力を育てるお話編 監修:松谷 みよ子
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\2,380+税
発行日:2002年03月
ISBN:9784092550513
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「ママお話きかせて1 生きる力を育てるお話編」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 無限の世界の広がり

    松谷みよ子さんの「はじめのことば」に感動し、この本をぜひ娘のために読んであげたいと思いました。

    「むかしむかし、と物語のとびらをあけるとき、そこには無限の世界がひらかれます。昔話は、子どもたちを異界へ連れて行きます。水底の世界、地の底の世界、天上の世界、そこでは小鳥は犬や猫とも自由に話せます。子どもたちの心は、解き放たれ、未知の世界へ旅立つ勇気がわいてくるのです。」

     このことばをしっかりと胸に刻み、本を開くと、子どもの頃から聞き慣れていたお話でも、なんだか初めて出会う物語のように、新鮮な気持ちで昔話を楽しむことができました。
     
     日本のお話は、民話の語りべ調のことばでつづられているものも多く、昔話の魅力を存分に味わえます。さらに特筆すべきは、絵の力です。こんなに素晴らしい挿絵で、世界各国の昔話を楽しめる現代の子どもたちもまたしあわせですね。私と娘が好きな画家の絵も数多く含まれていて、とてもうれしくなりました。飯野和好、村上勉、宮本忠夫、降矢奈々、荒井良二、さとうわきこ、こみねゆら、広野多珂子、黒井健、などなど。
     どのお話も絵も、本当に心から楽しめるものばかりです。

    掲載日:2009/12/07

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット