あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

小学館版 学習まんが人物館<第一期> アンネ・フランク」 みんなの声

小学館版 学習まんが人物館<第一期> アンネ・フランク 出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:1996年09月13日
ISBN:9784092700086
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 戦争の愚かさ、恐ろしさ

    このシリーズ、小3の息子とかなりハマって読んでいます。

    漫画ではありますが、事実に基づいて描かれているのと、
    漫画自体も変に崩したイラストとかではないので、内容に集中して
    読み進めることが出来ました。

    アンネ・フランクという名前、アンネの日記のことは、
    知っているつもりでいましたが、今回、あらためて読んでみて、
    戦争の愚かさ、恐ろしさを目の当たりにすることが出来ました。

    ヒトラーが計画した、ユダヤ人全滅計画、激しい差別の事実を
    知るには十分な内容でした。
    このシリーズの本には、ユダヤ人という言葉が何度か出てきますが、
    ユダヤ人がどのような仕打ちを受けたのかということは、この
    「アンネ・フランク」が一番詳しく出ています。
    アンネ自身がユダヤ人ですので、当然ですが。

    息子は、ヒトラーとユダヤ人のことをこの本で詳しく知ったようです。
    本の内容についての質問が息子から何度もあり、家族でユダヤ人のこと、
    戦争のことについて語らう機会が何度かあり、息子にとっては
    衝撃的な一冊だったのだと感じました。

    この本では、アンネの一生についての記述でしたので、機会があれば
    アンネの日記も読んでみたいなと思います。

    掲載日:2010/04/09

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット