ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

小学館版 学習まんが人物館<第一期> ナイチンゲール」 みんなの声

小学館版 学習まんが人物館<第一期> ナイチンゲール 著:黒沢哲哉 真斗
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:1996年11月25日
ISBN:9784092700109
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
「小学館版 学習まんが人物館<第一期> ナイチンゲール」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 近代看護を作った、素晴らしい人

    このシリーズ、小3の息子とかなりハマって読んでいます。

    漫画ではありますが、事実に基づいて描かれているのと、
    漫画自体も変に崩したイラストとかではないので、内容に集中して
    読み進めることが出来ました。

    ナイチンゲールのことは、有名な看護士さん、という認識しかない
    状態で読み始めたのですが、読み終えてみて、こんなに進んだ考えを
    持った素晴らしい方だったんだということを知りました。

    イギリスの大富豪の家に生まれ、生活のために働く必要が全くない
    身分であったにも関わらず、「人のために生きたい」という強い
    意志を貫いたこと、そして何より、近代看護を作り、病院を作り、
    看護教育を作ったのは、ナイチンゲールであったこと、恥ずかしながら
    この本で知りました。ナースコールのアイデアも、ナイチンゲールが
    病院に取り入れたんですね。

    現在、私たちが病院で普通に受けられる恩恵が、実はナイチンゲールの
    努力のたまものであったこと、本当にすごいことだと感じました。

    ナイチンゲールが、こんなにも現代にも影響を及ぼしていたこと、
    是非読んで、子ども達にも知って欲しいと思います。

    掲載日:2010/05/03

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット