たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

小学館版 学習まんが人物館<第二期> マリー・アントワネット」 みんなの声

小学館版 学習まんが人物館<第二期> マリー・アントワネット 出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:2005年03月10日
ISBN:9784092700178
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,588
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 悲劇の王妃

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」のセリフで有名なマリー・アントワネット。実際には言っていないでしょうが、たしかにインパクトがあるセリフですよね。
    彼女については色々な見方がありますが、一般的には悪女としてのイメージが強いのかなという気がします。
    この本を読むと悲劇の王妃とかかっこいい王妃…といった感があります。
    そういった面もあるのですが、ちょっと美化されすぎているかな?と思うところも。
    こども向けの本だからストレートにかけないこともあるのか仕方ないのかな…。
    漫画なのでマリー・アントワネットに興味を持つきっかけにはなりそうですね。単純に悪女というわけではないのかなと思うのをきっかけにできれば個人的には他の本も読んでもらいたいです。

    掲載日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • フランス革命の犠牲者

    このシリーズ、小3の息子とかなりハマって読んでいます。

    漫画ではありますが、事実に基づいて描かれているのと、
    漫画自体も変に崩したイラストとかではないので、内容に集中して
    読み進めることが出来ました。

    マリー・アントワネットと言えば、わがままで、贅沢をし過ぎて、
    処刑された人というイメージがありましたが、本を読んでみて、
    実際には国民にかなり誤解されていた部分があったのだなという
    ことがわかり、印象が変わりました。

    オーストリアからフランスのルイ16世の元へ嫁いだマリー・アントワネットは、
    外国人の王妃ということで、民衆にとって憎むには都合のいい対象であったこと、
    長年の赤字財政のツケが、ルイ16世の時代に回ってきてしまったこと、
    マリー・アントワネットは、フランス革命の犠牲者であったと感じました。

    「不幸に会って初めて人間は自分が何者であるかがわかります」
    と、マリー・アントワネットは言葉を残しています。
    自分が歴史的人物となる定めを負っていることを理解し、死に臨んだ姿は、
    感動すら覚えました。

    今のフランスという国の影には彼女の姿があることを、子ども達にも
    是非読んで知って欲しいと思います。

    掲載日:2010/05/06

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



おいしい冒険のはじまり、はじまり〜!!

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット