ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??

小学館版 学習まんが人物館<第一期> 与謝野晶子」 みんなの声

小学館版 学習まんが人物館<第一期> 与謝野晶子 出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:1996年10月25日
ISBN:9784092701106
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,518
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 勉強になります

    7歳長女に選んでみました。まだ和歌などに興味がないのでそんなにお気に入りとなったわけではないのですが、すごい勇気のある人と思ったようです。親の私の方が心に響きました。

    女の子は良妻賢母になるのが1番と考えられていた時代に、学び、そして「みだれ髪」を書いたり、「源氏物語」を訳すことを成し遂げた与謝野晶子。一生懸命に頑張る姿、長女にもふとした時に思い出してもらえるといいなと思います。

    掲載日:2015/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • みだれ髪

    このシリーズ、小2の息子とかなりハマって読んでいます。

    漫画ではありますが、事実に基づいて描かれているのと、
    漫画自体も変に崩したイラストとかではないので、内容に集中して
    読み進めることが出来ます。

    与謝野晶子といえば、「みだれ髪」ですが、恥ずかしながら
    それ以上のことは知りませんでした。
    本名は、鳳晶(ほうしょう)って言うんですね。

    女は簡単な読み書きとそろばんができたらそれで充分、と
    言われていた時代、実家の番頭の仕事の手伝いをさせられていた
    晶子が文学に親しむのは大変なことだったということが感じられます。

    与謝野鉄幹との運命的な出会いがまた晶子を変えたんでしょうか。
    戦争への反論、源氏物語の現代語版を完成させたりと、
    強い意志を持った女性だったんだなという印象です。

    この本には、島崎藤村、樋口一葉、石川啄木、清少納言、北原白秋、
    といった方々も関連して登場してくるので、楽しいですね。
    息子もこの本で、いろいろ著名な名前を覚えたようです。

    「みだれ髪」を読んでみたくなりました。

    掲載日:2010/03/29

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『夏の日』『ゴムの木とクジラ』 <br>白鳥博康さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット