よるのわがしやさん よるのわがしやさん よるのわがしやさんの試し読みができます!
文: 穂高 順也 絵: 青山 友美  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
和菓子屋の5人(個?)の和菓子たちが、洋菓子屋をていさつに!?
しいら☆さん 50代・その他の方

和菓子と洋菓子の素敵な出逢い!
青野さんの絵だ! 全ページためしよみ…

小学館版 学習まんが人物館<第二期> 杉原千畝」 みんなの声

小学館版 学習まんが人物館<第二期> 杉原千畝 出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:2001年11月29日
ISBN:9784092701137
評価スコア 4
評価ランキング 24,363
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちうね

    このシリーズ、小2の息子とかなりハマって読んでいます。

    漫画ではありますが、事実に基づいて描かれているのと、
    漫画自体も変に崩したイラストとかではないので、内容に集中して
    読み進めることが出来ます。

    恥ずかしながら、私はこの本と出会うまで、「杉原千畝」の
    存在すら知りませんでした。息子に、「この名前読める?」と
    聞かれ、読めませんでした。「ちうね」と読むんですね。

    ナチス政権下のドイツによるユダヤ人狩りから逃れてきた難民に、
    外務省の命令に反して、亡命できるように日本を通過するための
    ビザの発行をしたという経緯、すごく感動しました。

    国の命令に逆らって6千人もの尊い命を救った千畝、
    勇気ある人道的行為は、是非、子ども達に知って欲しいと思います。

    息子はこれを読み、ユダヤ人の存在を知りました。
    これを読んだ後にたまたまシリーズにある「アンネ・フランク」を読み、
    またユダヤ人が関係してきたということもあり、興味津々でした。
    ユダヤ人という差別、小学生にはまだ理解しかねるとは思いますが、
    いろんなことを知るきっかけになりました。

    息子的には結構お気に入りの一冊のようで、何度も読み返しています。

    掲載日:2010/03/29

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



トビラの先に広がる奇妙な世界『ヒミツのトビラ』長田真作さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット