メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス!の試し読みができます!
作: 岡村 志満子  出版社: くもん出版
クリスマス準備で困っている人は、クリスマスおたすけ隊におまかせ! 親子で楽しいクリスマスが味わえる絵本です。光るページつき!  

10ぴきのかえる」 みんなの声

10ぴきのかえる 作:間所 ひさこ
絵:仲川 道子
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,117+税
発行日:1981年
ISBN:9784569585994
評価スコア 4.03
評価ランキング 19,367
みんなの声 総数 30
「10ぴきのかえる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 人気シリーズ

    人気のシリーズの1冊目です。

    〇匹の…という、シリーズはよくありますが、これも、グループのかたまりが
    主人公、そんなタイプの絵本です。

    ちょっと、マンガチックな絵と、愉快な冒険が、軽く楽しめます。
    最後も、ハッピーエンドで、楽しいお話です。

    全部、読んでみたくなりました。

    掲載日:2017/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいカエルたち

    4歳の息子と読みました。
    池につれてこられたオタマジャクシが、
    カエルになってからひょうたん島に帰るというストーリー。
    かわいかったです。
    息子的には、「ザリガニが滝を落ちてきたら、ひょうたん島も危ないのにねー」とのことでした。
    それは私も同感。

    掲載日:2015/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春〜夏に読みたい絵本!

    5歳幼稚園年中さんの娘と一緒に読みました。
    おたまじゃくしだった10匹のかえるが故郷!?の池に帰るための冒険のお話です。
    お話の内容は5歳児にはシンプルに思いましたが,終始親子で楽しめました。
    おたまじゃくしがかえるになるなどの知識にもなり,幼児にはいいですね。
    2歳くらいの小さなお子さんからでも楽しめる絵本だと思います。
    おたまじゃくしがかえるになる春〜夏に特に読みたいですね!

    掲載日:2015/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • おたまじゃくし達が、かえるに成長します。かえるになってからは、もともと居たひょうたん沼に戻ろうとします。

    協力しながらスニーカーでで船を作り、川を下り、滝からおちたらそこがひょうたん沼でした!

    男の子も喜びそうですが、かえるもかわいい絵なので、女の子でも気に入ると思います。2-5歳向けだと思います。

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • やや物足りないです

    おたまじゃくし10ぴきが、かえるにかえって、ひょうたんぬまに戻ろうとみんなで頑張ります。靴で船を作ったりして、滝から落ちて、やっと戻ってきます。

    ほのぼのした感じです。絵もかわいらしく、幼稚園児に向いていると思います。

    大きい子にはオチがなくてやや物足りないかもしれません。

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子のオススメ

    珍しく息子が1人で読んでから私にオススメしてきた絵本です。

    読む前に、一生懸命あらすじを解説してくれました。
    私が読む横で必死で「もうすぐザリガニ出てくるで!ほら!」と楽しそうでした。
    絵も可愛くてほのぼのします。

    掲載日:2015/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズ一作目

    「10ぴきのかえる」シリーズを何冊か読んでから、こちらを読みました。
    オタマジャクシの姿が見られるのは、ここだけでしょう!
    かわいかったですね。
    そして、「かんがえる」や「しょげかえる」などのネーミングも、面白いです。
    ここから、様々なストーリーが始まったのかと思いました。

    掲載日:2014/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供のとき読んだシリーズ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    発行年を見たら私が生まれるよりも前からある絵本でした。
    子供のときにこのシリーズを読んだ記憶があります。
    これは一番最初のお話なのかな?
    10ぴきのおたまじゃくしのシーンから始まります。
    個性的なかえるたちのぼうけんが楽しめますよ。

    掲載日:2014/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • これからの時期に

    5歳長女に借りてきた絵本です。もう梅雨なので梅雨時期といえばカエルのお話ということで選びました。

    長女の幼稚園でも今おたまじゃくしを飼っていて、毎日成長を見てるようなので、おたなじゃくしがカエルに成長していく姿にとても興味を持っていました。途中にザリガニも天敵として出てくるのですが、ザリガニも幼稚園で取ってきて、幼稚園で育てているのでとても興味があったようです。

    お話もドキドキいっぱいでした。また別のシリーズを読んでみたいと言っています。

    掲載日:2013/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 協力の大切さ

    10ぴきもかえるがいれば、それぞれ色々な性格のかえるが集まります。
    1ぴきでは目的を達成することが難しいことも10ぴきいれば、
    得意分野に得意なかえるが頑張って達成することができるのでしょう。
    シリーズが色々あるので、他も読んでみたいです。

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『うし』内田麟太郎さん&高畠純さん&絵本ナビ・金柿代表 鼎談

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.03)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット