雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

「したてやとドラゴン」 みんなの声

したてやとドラゴン 作:木村由利子
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 0
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「したてやとドラゴン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 拾い物で大健闘!

    まずしい仕立て屋が、王様のおふれを見て、国中を困らされいたドラゴンを機転を利かせてやっつけてしまうお話です。
    原作はロシアの昔話。
    ドラゴン退治に出かけた仕立て屋は、旅の途中でまず、牛のしっぽを拾います。それからカメを拾います。
    「拾っていこう、どこで役に立つかわからないものな」と、それらを拾った仕立て屋は、ドラゴンの住んでいる岩山のてっぺんまで昇っていき、ドラゴンをけしかけます。
    怒ったドラゴンは、自分がどんなに大きくて、強くて、恐ろしいかを訴えますが、仕立て屋のほうが一枚上手。
    牛のしっぽを落として自分の髪の毛だと偽ったり、カメを落として、こんなに大きなシラミを持っているといったりします。
    最後にドラゴンは、威勢のよいくしゃみをして脅かそうとしましたが、逆に仕立て屋の落とした大岩に頭を打たれて、その土地を逃げていく。というお話です。
    昔話の王道をいくストーリーで、なかなかドジなドラゴンがかわいいです。

    掲載日:2002/12/24

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(1人)

絵本の評価(0)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット