おはなし きょうしつ おはなし きょうしつ おはなし きょうしつの試し読みができます!
作・絵: さいとう しのぶ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
入学にぴったり! 学校が楽しくなる30話!

おなら」 みんなの声

おなら 作・絵:長 新太
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1983年08月
ISBN:9784834009439
評価スコア 4.79
評価ランキング 365
みんなの声 総数 65
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

65件見つかりました

  • なかなかすぐれもの

    • イザリウオさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    おなら・・・子供が大好きなことば。
    しかも長新太さんが書いたとなれば・・と、どんな内容かと思っていたら、とてもまじめな絵本でした。
    子供にわかりやすく、どうしておならがでるのかということを書いてあります。
    なので、真っ先にこの本に飛びついた子供たちでしたが、笑い声は聞こえず、そのあと読む気配もない。
    どうやら子供はおならは面白いけれど、おならを知りたいとは思っていないらしい(笑)。

    掲載日:2009/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • なつかしい

    私が子どもの頃読んだ本です。内容も覚えているほどインパクト?があります。
    題の通りおならの本です。
    なぜおならがでるのかとか
    でもおならを我慢するとよくないとか
    どんな物を食べるとくさいおならがでるのかとか
    今よみかえすとなかなか科学的な本だなぁと思います。
    2歳の息子にはまだ説明の部分は難しいですが
    おならというだけでなんだか笑ってしまうので楽しんでいるようです。

    掲載日:2009/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後に爆笑!

    “うんち”“おしっこ”“おなら”こんな類の絵本は大抵みんな好きですよね。以前から読んでみたいと思いつつなかなか機会がなかった絵本です、やっと読めました。
    長さんらしいコミカルさとおならの不思議が上手い具合に描かれていて楽しい絵本ですね。
    娘はおならをしてしまった後に「さっきおいもを食べたから臭くないはずだ!」などとさりげなくこの絵本からの知識を披露しつつ
    おならをしてしまった変な言い訳をしたりします。
    私はついつい可笑しくて笑ってしまうんですが^^;
    最後のページの一言も娘は大好きで何回も読んでいました。

    掲載日:2008/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長さんらしい科学本

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    かがくのとも傑作集は、親子で気に入ってるシリーズのひとつです。
    その中で長さんが書いていて、しかも題名が「おなら」。
    面白くないはずはないと、早速手に取りました。

    「象のおならは大きい」からはじまり、おふろのおならや、おならの出る仕組みについて、
    科学的に書きながら、長さんらしいユーモアにあふれてます。
    期待を裏切らない面白さでした。

    文章が短く絵もわかりやすいので、4歳の子も一緒に見て楽しんでいました。
    4歳の子の感想は「お肉を食べると臭いの?お豆を食べると臭くないの?」
    です。
    裏表紙の裏に書かれた、おならの擬音を楽しみました。

    かがくの本を長さんが書くとこうなるのだなあと、納得の一冊です。

    掲載日:2008/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • くさいおなら、くさくないおなら

    肉を食べる動物のおならはくさい、草を食べる動物のおならはくさくない・・・「ヘェー!!そうなんだ!」新しい発見でした!!

    おならをしたら我が家では申告制「ぷぅしちゃって、失礼!!」と、みんないいます。そうしたら許されるのです。
    申告しないと、「ちょっとぉ、いまのだれ?」と騒ぎ立てるのですから大変。

    おならは自然現象!!大切なことと、あらためて気づかされた1冊。
    数あるおなら絵本(?)の中でも、これは押さえておきたい1冊です。

    掲載日:2008/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 興味があるみたいです。

    最近の息子は、うんちやおならといった自分の体から出てくるものに興味をもってきたようです。

    だから、最近リクエストする絵本といえば、このおなら絵本。

    このおなら絵本は、科学絵本だけあって小さな子どもでもどうしておならが出るのかがわかりやすく書いてあります。
    子どもにおならについてどう説明したら子どもはわかりやすいかな〜?ってちょっと悩んだりするときにこの絵本を一緒に読んだら親子ですっきりするそんな絵本です。

    掲載日:2008/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • あぶくが ぶくぶく。

    ぞうさんのおおきなおしりが、どどーんとめにはいり、
    「お な ら」 ?? おもしろそうなので、えらびました。
    ぞうさんのおならは、すごくおおきくて・・
    ぶおぉーん
    びっくりです。
    かがくのともだけあって、自分自身のためになりました。

    さつまいもをたべると、おならが臭いとおもっていました。この本を読んで違うことを知りました。
    野菜より、にくやさかな、たまごをたべたときのほうがおならがくさいこともこの本におしえていただきました。
     
    一番きにいったのは、おふろでおゆのなかでのおならの絵です。

    あぶくが ぶくぶく。
    ひとも おならがでる。

    おならの あわが、おもしろくて、ユーモラスで、いつまでも笑っていられます。

    掲載日:2008/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • とりあえず、おならだしとき

    • オナミーさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 女の子3歳、男の子0歳

     この絵本を読んだ娘から、『ママ、おなら我慢したら、めまいがしたり、おなかが痛くなったりするから、とりあえず、オナラ出しとき』とアドバイス(?)されました・・・。

     長新太さんのユーモラスなイラストと共に、おならのフシギが、子供にもわかりやすく描かれています。
     
     どうしておならが出るのか?
     おならはどうして臭いのか?

     子供が抱く素朴な疑問に、キチンと答えてくれつつ、楽しめる絵本でした。
     最後のページのオナラの音が、娘は大好き。

     さあ、今日のオナラはどんな音??

    掲載日:2008/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな意味ですごくいいです

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    かがくのとものシリーズはやっぱりはずれなし。
    面白くて分かりやすくためになり、ちっとも勉強くさくなく子供も大好きという悪いところなしです。ついでに普通の絵本よりも少々価格が安めで家計にも優しい。

    しかもこの本は長新太さんです。
    おならがなぜでるかということが分かりやすく楽しく描かれています。
    子供も、「そうかあ。そうなんだ。」と大変いい反応です。
    この本を読んでから「あまり早く食べ過ぎるとげっぷとかおならとか出るよ。」
    といいながら食事をしたり、生活に浸透しています。
    おならをテーマにしていながらも何となく品のあるところがまたまた素晴らしいです。
    最後のページのいろんな擬音語も面白いので、是非声に出して読んでみましょう。(子供にうけるよ)

    掲載日:2008/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • どうしてオナラが出るの?

    オナラ好きの娘と、いろいろ読んできましたがやはり定番の力は凄い。
    毎晩、裏表紙一面に書かれたオナラ音と格闘しています。
    長さん、よくこれだけ擬音化しましたねぇ。家族の音を拾ったのだろうかなど、要らぬ邪推をしてしまいました。
    娘はこの間ひとつひとつにポーズをつけてオナラを出す真似。
    クネクネしてみたり、お尻を突き出してみたり大騒ぎの大喜びですが、お嬢さま?寝る時間なんですケド?

    どうしてオナラが出るの?という質問から読んだ本ですが、ドンピシャリでわかりやすく書かれていました。
    内臓の絵は、口からやじるしを辿って、食べ物の旅をするのが楽しいようです。
    毎日どれぐらいオナラをしたか、本を読みながらワイワイ言っていますよ。

    掲載日:2007/11/13

    参考になりました
    感謝
    0

65件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / でんしゃ / おばけかぞくのいちにち / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


いろんな場所へ旅する楽しい乗り物のしかけ絵本

みんなの声(65人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット