ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!

ようこそ森へ」 みんなの声

ようこそ森へ 作:村上 康成
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2001年04月
ISBN:9784198613440
評価スコア 4.36
評価ランキング 10,606
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • カケスの視点

    森のカケスの視点から見た、キャンプにやって来た親子の様子を描きます。
    木にぶら下がったりゆすったりするのをとがめたり、
    森のいい所を自慢したり。
    夜のたき火の明かり、満天の星など、その描写が圧巻です。
    カケスだからこその、絶妙なアングルからの描写もすごいです。
    じっくり絵を体感してほしいです。
    夏のキャンプシーズンに読んであげたい作品。
    幼稚園児くらいからでしょうか。

    掲載日:2017/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャンプ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    キャンプに来た家族を森のカケスが見ています。
    カケスは自分の森が自慢で大好きなんですねー。
    子どもがカケスに興味を持っている様子等、微笑ましかったです。
    家族でキャンプに行くのもいいなーと思いました。カケスに会えたら素敵。

    掲載日:2017/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 視点がとてもいい!

    カケスの住む森へキャンプにやってきた人間たちのお話です。
    この絵本がとても面白く新鮮に感じられたのは,そのお話をカケスの視点から描かれていること!
    とてもよかったです☆
    キャンプの楽しさはもちろん,自然の中での遊びの大切さ貴重さを親としても改めて感じる絵本でした。
    子供には自然体験をたくさんさせてあげたいな〜!

    掲載日:2016/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素晴らしい自然空間

    森にキャンプに来た家族と、森の主の(?) カケスが描く不思議な空間にうっとりしてしまいました。
    カケスから見ると、世界はこのように見えるのだろうか。
    何とも大胆な構図とさっぱりとした絵に、森への憧れを感じました。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャンプ

    森へキャンプに来た家族を、カケスの視点で描かれています。
    鳥らしく上からの構図も、なかなか面白いです。
    タイトルの「ようこそ森へ」。
    そうです。キャンプって、人間がお邪魔させてもらうんですよね。
    暖かくなったら、いよいよキャンプですね!!

    掲載日:2014/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1歳の月齢にはまだ早いと思いますが、絵が素敵だったので私が読みたくて読み聞かせています。

    森の木の上から鳥が地上の家族を眺めているというのがおもしろい見かただなと思います。鳥が主人公なので鳥の目線では、こんなふうに私たちを見ているんだよと子供に聞かせてあげたいです。

    キャンプの絵もリアルなのでたき火をしたりごはんを炊いたりと、キャンプのことを理解してからキャンプに連れていってあげたいなと思える絵本です。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鳥の視点

    ある本で、この本の視点の面白さを説いたものをみました。
    なるほど、そこには人の視界ではない世界が広がっていました。

    この本の主人公は、「カケス」。
    「カケス」がキャンプに訪れた一家の様子を追っていくストーリー。
    いつもの村上さんらしい、やわらかなタッチの絵なのに
    すごくリアルに森の中の雰囲気が伝わってきます。

    木の上から、上空から、地面から見あげるように…。
    視点を変えるだけで、これほどにも臨場感が出るんだな〜と
    感心しました。なんだか映画のシーンのよう。
    生き生きとした森の情景を堪能できる絵本です。

    掲載日:2011/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子5歳、男の子3歳

    村上さんの描く絵は優しくて味があって大好きです。もちろんお話も。
    これも独特の「間」がいい味を出している絵本ですよ。
    時計のない、自然の中をゆったりと流れる時間がうまく表現されていると思います。

    我が家はキャンプなどはあまり行かないのですが、この絵本を読むと、キャンプもいいな...と感じますね。

    掲載日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物の家

     森の緑色がさわやかな絵本です。キャンプ場でキャンプをしたことはありますが、こんな自然の中ではしたことがありません。
     
     私たち人間は、わくわくしながらキャンプをはりますが、森の動物たちも「ようこそ」と迎えてくれているんでしょうね。森は、動物たちの家なんですね。動物たちは、なんにも言わないけれど、私たちのことをしっかりみているのかもしれません。

     森に行って、おもいきり自然を満喫してリフレッシュしたいです。

    掲載日:2011/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外でした

    表紙を見て、難しい話かな?と

    思いましたが、全然問題ありません。

    しかも意外と文字が少ない・・・。

    ちょっと感慨深い話だったかなと思います。

    子供には難しかったかも・・・。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


40年以上ご家庭で読まれ続けているクリスマス絵本

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット