パパのぼり パパのぼり
作・絵: きくち ちき  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
お父さんと一緒に遊びたくなる!

小学館あーとぶっく1・ゴッホの絵本」 みんなの声

小学館あーとぶっく1・ゴッホの絵本 出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,440+税
発行日:1993年06月
ISBN:9784097271116
評価スコア 4.75
評価ランキング 754
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 解説もとってもいい!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    5歳の娘と読みました。
    「ケイティ」のシリーズを読んでから、私と娘、そして10歳息子は今、
    ちょっとした「ゴッホブーム」であります。

    うずまきぐるぐる とあるように
    確かにゴッホの絵は渦巻きが多く、
    ページをめくってはうずまきを探し、
    そして「あっこの絵はケイティにあったよね!」
    「あっこの絵のお星様、ケイティが盗んだ?やつじゃん!」と
    大盛り上がりの一冊でした。

    私がこの絵本でいいなと思ったのは、
    絵だけでなく、プチ解説?も各絵についているところ、
    ゴッホは杉の木が好きだった、
    ひまわりの絵は、友人ゴーギャンを歓迎するために描かれた、
    ゴッホはカフェが好きではなかった、などなど、
    絵と一緒にちょっとしたまめ知識も一緒だと、
    さらに絵が楽しめますよ!

    巻末の解説もとってもよかった。
    大人が読んでも子供がよんでも楽しめる絵本で、
    是非お勧めです!

    掲載日:2016/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 6歳長女に

    絵を描くのが大好きな6歳長女に借りました。今まで美術の絵本というものを借りたことはなかったのですが、小学校になり図画工作も習うので、ちょっとでもいろんな絵を知っておいたらいいかな?と思い見せましたが、とても気に入ったようです。絵を夢中に見入ってました。最後にゴッホの生い立ちも書いてあり、親子ともに勉強になりました。

    掲載日:2014/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゴッホの絵を楽しむというよりも、詩のような解説に圧倒されました。
    「ぐるぐる ぐるぐる」、「ゆらゆら ゆらゆら」、「ざわざわ ざわざわ」…。
    なるほど、言われてみればその通りです。
    ポップな解説が、ゴッホの絵をとても身近にしてくれました。

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりやすいです

    我が家のカレンダーがゴッホの絵だったので
    図書館から借りてきました。

    私自身、ゴッホの作品は知っていてもゴッホの人物像は
    よく知らないし、ゴッホの絵の特徴?とか知識がなかったのですが
    この絵本では、誰でも知っている名作を挙げて
    ゴッホの作風を紹介してくれています。
    5歳の息子でも十分理解できる内容でした。

    最後にゴッホの生涯についてお話があるのですが
    自殺してしまうんですね!!
    息子は衝撃的だったらしく、どうして自殺したのか何度も尋ね
    (その答えに納得がいかなかった様子・・・まだ5歳ですものね)
    パパにそのエピソードを話したりしていました。

    内容が内容だけに、お話は難しくないですが
    お子様の性格を考慮したほうが良いかもしれません。

    掲載日:2013/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名画が近いものに

    この絵本に出会ったのは
    娘たちが絵画教室に通い始めた頃でした。

    以前から美術館に行き
    できるだけいろんな絵画を見る機会を作ってきましたが
    私の絵画の知識が乏しかったため
    “綺麗だね”“上手だね”
    と感想を話すだけ…
    なんだかもったいないなと感じていました。

    そんな時この絵本を見て
    ゴッホの内面をぐるぐるうずまきという言葉で
    子供でも理解できる書き方をしていることに感動しました。
    そして、繰り返し見れるのが絵本の利点です。
    それほど興味がなかったゴッホを
    もう1度見たいと思わせた1冊です。

    掲載日:2012/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美術鑑賞の入り口として

    私が持っている画集に興味を示した息子のために、子ども向けの美術絵本を探して購入したシリーズの1冊です。

    ゴッホは日本人にはとても人気がありますよね。
    ご他聞にもれず私も大好きで、オランダにあるゴッホ美術館まで実物を見に行ったほどです。
    独特の色づかい、タッチの力強さ・・・単純に綺麗とか美しいとかいうのではなく、なにかとても魅かれるものがあるのです。

    この絵本では、そんなゴッホの絵の特徴を「うずまき ぐるぐる」として捉えています。糸杉や空にこのうずまきが見られるのは確かにゴッホの絵の特徴ですもんね。
    こどもにもゴッホの絵を鑑賞するきっかけをわかりやすく与えてくれています。
    最後のページでは、ゴッホの生涯を文章で説明してくれています。悲劇的な最期を迎えるゴッホですが、その辺りも言葉を選びながら子どもにもわかりやすいようにうまく説明されています。

    個人的に好きな「夜のカフェテラス」「オヴェールの教会」が載っているのも嬉しいところです。

    子どもだけでなく、大人でも楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美術を身近に感じられるかな?

    • JOYさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子8歳、女の子6歳、男の子3歳

     6歳ではゴッホの名前も知らなければ、画家や名画といったものの存在さえ知らないと思いますが…。

     大人の私でも恥ずかしながら、知らないことがたくさんあり、大変興味深く読みました。子どもにも十分わかる説明で、自分で耳をそぎ落としたり、最後は自分で命を絶ってしまったこともストレートに書かれていますが、変わり者だと言われることの多いゴッホと言う人物を、いいことばかりでなく、しかし、とても優しく、愛情あふれる口調で語っているところに、大変好感が持てました。

     娘は、ゴッホの独特の画風が、自分の身の回りにあるものと全く違うことは理解でき、興味を持っていたようです。これから、また大きくなるたびに、何度でも開いてその年齢の感性で味わってほしいなぁ、と思います。

    掲載日:2010/05/31

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


安野光雅さんの長年の思いを絵筆に込めた、豪華な翻訳本!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット