ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

ふうせんねこ」 みんなの声

ふうせんねこ 作・絵:せな けいこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1972年12月
ISBN:9784834003734
評価スコア 4.23
評価ランキング 15,341
みんなの声 総数 118
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

118件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 我が家はおねこさんが2匹!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子1歳

    普段は激しく怒るくせに、
    「おねこさんのまねして、ぷーして。」とリクエストすると、
    プゥーって言いながら膨れた顔がとっても笑顔(笑)

    「妹にあげるのやだ」とか、
    「ごはんよりおかしがいい!」とか、
    おねこさんのゴネるポイントが
    我が家の日常(どちらかというと6歳の長男)と重なり、
    さらに面白さ倍増!

    怒ってどんどん膨れて飛んでいくおねこさんの顔と、
    1歳の娘の顔が重なって、
    とっても愛らしい一冊です。

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • 「ぷー」はいいけれど・・・

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子1歳

    もうすぐ2歳のお誕生日を迎える息子に読んでみました。
    最初は「ぷー」という言葉が面白かったみたいで、
    ニコニコ笑いながら聞いていました。
    でも、ねこさんが「かたづけるのはいやだ」と言っているシーンからは、なんだか表情が曇り・・・
    ねこさんが遠くに飛んでいくシーンでは、また笑顔になります。
    「飛ぶこと」は「楽しい」ようで、息子の感情は折れ線グラフのように上がったり下がったり。
    ラストの「かあさん やねでないている」で、「え・・・」とつぶやき固まっていました。
    暗にもう戻ってこないかのような、黒い絵・・・衝撃だったようです。
    私が「ワガママやイジワルをやめたら、ねこさんは戻ってきましたとさ♪」と明るく付け加えましたが、
    反応なし・・・
    まだ2歳にもなってない息子にとっては、読んで聞かせるお話より、絵に描いてあることの方が比重が多いのだと思います。
    なんだか救いのないお話で、私自身息子に読んだことを後悔しました。
    お話のその後を想像したり、「この後どうなったと思う?」などとママと会話したりするには、息子はまだ幼すぎます。
    幼いうち、せめて3歳くらいまでは、
    「愛される」ことを自覚する=自己肯定感を育てる時期だと思っているので、
    温かみのある内容の、息子が「楽しい」「面白い」「嬉しい」「好き」って思えるような絵本を読んであげたい・・・と個人的には思います。

    掲載日:2008/02/05

    参考になりました
    感謝
    2
  • いやだぷー

    • 蒼良さん
    • 30代
    • せんせい
    • 兵庫県

    短い文章で、子どもにもわかりやすい内容。
    ぷー、のセリフの時
    一緒に頬を膨らませてイヤイヤ感を出すと
    子どもも喜んでくれました。
    きっと、思い当たるところもあるんでしょう。

    いやだいやだって言っているうちに
    あらあらあら…笑えない展開。

    えっ
    その後どうなったの

    というラスト。
    怖いですね。

    さすが、せなけいこさん、
    というところでしょうか。
    読み終えた後の
    何とも言えない感が素敵ですね。

    掲載日:2013/03/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • あれ?こんなこいるよね??

    せなけいこさんの小さめのサイズの絵本です。
    ねないこだれだのようなお化けは出てきませんが、悪い子はお空へとんでっちゃうぞと言わんばかりのちょっと、子どもの背筋が伸びそうな?そんな絵本は独特で、素敵です。

    今回のこのかわいいふうせんねこ、読んでいるうちに、あれ?こんなのこいるよね??と笑えてきます。

    いやだぷー!

    妹にお菓子あげないぷー!
    おもちゃ買ってくれないからぷんぷんぷん・・

    うちにもこんな子いました!
    隣で読んでいる時にも、あ?もしかして・・って自分でも気づいたのか少し恥ずかしそうにしています。

    あまりにぷーぷーしてたらふくらんでお空に飛んで行っちゃったね。

    こういうと、ちょっと恥ずかしさも出て来たのか、違うもん!と言っていました。

    単純な繰り返しの中でも子どもの心に訴えかけるものがたくさんあるせなけいこさんの絵本。

    やっぱり独特ですが大好きです。

    掲載日:2016/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • いやいやプー

    いつもプンプンしているネコがいます。
    思い通りにならないとプンプンします。
    知恵をつき始めた頃から子供は、思い通りにならないとふくれっ面をします。お話に出てくるように、片付けや分け与える、嫌いなものの食事・・・・ふくれっ面する場面もたくさん。

    この絵本を読みながら、同じようにお母さんもぷーって真似します。
    寝てくれないからプー、抱っこしてって言うからプーとか・・・・。
    ぷーされて困ることを例題に上げながら、本の意味を教えました。
    本人はわかっているけど、膨れちゃうのも仕方ないのもわかっています。
    追い詰めすぎない道徳に活用できればと思います。

    最後の子供が消えちゃう話は読まないでいます。怖がらしてもしょうがないかなと思います。話し方によるのでしょうけど。

    掲載日:2016/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 教育に脅しは不要です。

    1歳のころ、せなけいこさんの本をまとめ買いしたなかの1冊でした。
    1歳半から3歳くらいにかけて何度か読みましたが、「もう一回」などとリクエストされることは一度もなく、息子はこの本に興味を示しませんでした。話の内容が理解できていないうようにも見えました。お母さんと二度と会えないかもしれないというショッキングなラストですが、幼児にはそれ自体が理解できないものと思います。たとえば幼児が「死」を理解できないのと同じように。
    いやいや期は、確かにこんな感じです。
    なんでもいやいや言いました。
    でもそれは感情をコントロールする能力が備わっていないからであって、成長とともに次第に身に付いてくるもの。3歳を過ぎれば徐々に落ち着いて、3歳半頃には、なんでもかんでもいやいや言うことはなくなります。いやいや期には何を言っても無駄。やり過ごすしかありません。
    わがままを言ってると二度とお母さんに会えなくなるなんて話は、いやいや期の子どもに対して脅しをしているようなもの。私は愛する子どもにそんな脅しはしたくありません。
    そうではなく、なぜおやつばかり食べたらダメなのか、なぜいじわるしてはダメなのか等を幼児にわかりやすく説明するべきだと思います。

    掲載日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ん〜

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    2歳の息子に読んであげました。

    イヤイヤ期の息子ですが、食べるのが大好きなのでおねこさんがご飯を食べないページでは食べて食べてと手であげようとしています。こんな可愛らしい様子を見れた本ではありますが、あまり息子の好みではなかった様で読んで欲しいと持ってくる事はほとんどありません。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私のこどもみたい

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    妹に対する態度や片付けの時…なにからなにまで上の3歳の娘のようだなーと思いながら読みました。
    1歳の娘用に読んでいたのですが下の子はまだここまで話したり主張したりしないので上の子に思わず「この子あなたみたいね」と言ってしまいました。言われた本人はそうは思っていないのか認めたくないのか肯いてはくれませんでしたが。
    夫に思わずこの絵本を見せたらすごく同調してくれました(笑)。
    事実だとはいえ笑ってしまって上の子にはちょっと悪かったかな、ごめんね。

    掲載日:2014/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • わがままなねこさんの話。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    わがままばかり行っていると、遠くのお空に飛んで行ってしまうと言う結末が我が子なりに衝撃的だったのか、言うことを聞かない時は「ふうせんねこさんみたいに遠くに飛んでいっちゃうよ…」と言うと、言うことをちゃんと聞いてくれます。ありがたい絵本です。

    掲載日:2014/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 難しい時期に。

    孫のいやいやが始まり、きーきーと叫んだりするようになって来た頃購入してみました。この本だけではなかなか収まってはくれませんが、多少の効果はあるみたいです。3歳くらいになってからはこの本の内容も覚えているので、ぷんぷんすると、こうなるよ。などいいながら、読んでいます。

    掲載日:2013/11/02

    参考になりました
    感謝
    0

118件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット