もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ムスティの なつやすみ」 みんなの声

ムスティの なつやすみ 出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:2001年01月25日
ISBN:9784097301097
評価スコア 3.67
評価ランキング 32,219
みんなの声 総数 2
「ムスティの なつやすみ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • このムスティというキャラクターは、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子6歳、男の子3歳、女の子0歳

    フランス出身のキャラクターで、絵本自体はベルギーで出版されているんですね。なかなか珍しい経緯だなと思ったのは私だけでしょうか?絵本の中で使われている絵がね、もう色鮮やかで「なるほど、これがヨーロッパの色使いか」なんて思いながら読みました。クモのビジュアルが独特。

    掲載日:2017/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 顔は似てるよね

    個人的には、ムスティーシリーズはあまり好きじゃないです。
    「○○しました」
    「○○へ行きました」
    と、小さな子の絵日記のような感じがして、あまり印象に
    残りません。
    ただ、娘は、図書館に行くとこのシリーズを選んでくることが
    多いです。

    この本は、夏休みのキャンプでの早朝を描いてます。
    まだ寝ているパパママを置いて、ひとりで森の中を散歩する
    設定です。
    山場的なものはないです。
    「平和な森の中をお散歩する」って、思って読めば楽しめる
    かも??

    関係ないですが、娘はムスティをミッフィーだと言って
    聞かなかったです。(苦笑)

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ドーナツやさんのおてつだい』 もとしたいづみさん、ヨシエさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット