マスク マスク
作: 福井 智 絵: 林 なつこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
自分じゃ気がつけない、すてきなところ【絵本テキスト大賞受賞作】

ぎょうざのひ」 みんなの声

ぎょうざのひ 作・絵:かとう まふみ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2001年5月
ISBN:9784033309002
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,677
みんなの声 総数 39
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

39件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 娘から質問攻めにあいました

    ぎょうざって子どもも大人も大好き!そして野菜もたくさん取れるのでついつい作っちゃいます。そんな餃子が大好きな家族の本です。
     子ども達が材料をこねて皮を包みます。娘も皮を包むの大好きなので真剣に見てました。そしてこれは何してるの?とかどうして一番小さい子が泣いてるの?とか質問攻めにあいました。それほど真剣に見ていて、面白かったんだと思います。

    掲載日:2006/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しくて、おいしそう。

    • まなみさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、男の子8歳

     家族揃って、餃子が大好きな私たち親子にぴったりの絵本です。幼稚園に入園する前から、餃子を作ってきた娘も息子も身を乗り出して大喜びでした。焼きあがった餃子のページでは「おいしそう!!!」と思わず鼻をくんくんさせてしまいました。作って楽しく、食べて美味しい。餃子っていいなあ・・・。
    この本を読めばきっとぎょうざがたべたくなります。

    掲載日:2005/10/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • これって食育よね〜

    • おはるさん
    • 30代
    • その他の方
    • 富山県
    • 男の子14歳

    食育基本法なんて国会だ難しいこと言ってるけど、
    家族でこの絵本読んで、
    「家でもやってみよう!」なーんていうのになれば
    それでいいんじゃないのって感じです。
    さほど かわいくない子ども。
    決して美人じゃないお母さん。
    そして、これまた 平々凡々なお父さん。
    片づいていない部屋。
    いいなぁ〜。
    絵本なんだけど、生活感が感じられるのよねぇ。
    幸せってこういうことなのかもね。
    家族、家庭の食卓をみごと表現されてる本です。
    餃子を作って食べるだけなんだけど、
    家族を感じさせてくれます。

    国会でも読み聞かせ やっちゃおうか?

    掲載日:2005/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい餃子つくり♪

    • ひさなゆとさん
    • 20代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子3歳、女の子0歳

    よく餃子を作って食べるのですが、皆でワイワイ作って食べるのが、やっぱり一番ですね!!
    欲に具を入れすぎて、皮がやぶれて中身がはみ出たり、皮が余ってしまったり・・・っと「よくあるある!」っと、読んでいて、とても楽しくなります。
    これを読んだら今日のメニューは餃子で決まり!!

    掲載日:2005/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 餃子の材料を用意してから読むこと!

    • 1姫2太郎ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子10歳、男の子8歳、男の子2ヶ月

    懐かしい家庭の絵をバックに、姉兄弟で作る餃子。誰しもお手伝い&遊びは楽しいもの。しかも大好物が手作りできる楽しさ、嬉しさは格別の味になること請け合い。作者のかとうまふみさん宅の実話らしいです。でも、どこのお宅でもこんな風景あるのでは・・・。読み終わったら餃子が食べたくなるので、是非、餃子の材料は用意してから読むことをお勧めします。ちなみに我が家もこの本を読んでから「餃子の日」がより一層増えたような・・・。

    掲載日:2004/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ストレートの速球って、感じ。

    「きょうだけは はやくかえるの。
     だって、きょうは ぎょうざのひ。」
    で始まるこの絵本は、ストレートの速球って、感じ。
    余計なことは、いっさい書いてない。
    兄弟で喧嘩しながらも仲良く餃子の具を混ぜて、こねて、そして包む。その楽しさがビシッと、描かれています。
    餃子を焼く係りはお母さんで、いつもムッスリした顔のお父さんも、この日だけはニャッとする。
    そんな家族の様子を主人公の女の子(小学校低学年らしい)が、子供の目線で伝えてくれている。
    子供も、この絵本を気に入ってくれたみたいです。

    掲載日:2004/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • あったか気分 家族っていいなあ・・

    うちの子と共にNo.1にお勧めなのがこの本!
    何度読んでも温かな気分にさせられます。息子は「ぼくもぎょうざを作るぞ!」と自分もまねしています。
    おいしそうにビールを飲むお父さんもいい!散らかった部屋でニコニコ顔のお母さんもいい!のです。

    掲載日:2003/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぎょうざ食べた〜い。

    • ママちゃんさん
    • 20代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子1歳

     実家が、餃子の町宇都宮の私にとって、自宅で作る餃子の楽しさが思い出される一冊です。こねたり、包んだり、具が余ったり、足りなかったりと楽しそうに書かれています。
     今日のおかずは、餃子に決まり!って感じの絵本です。

    掲載日:2003/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 餃子を作りたくなる本

     私が小さいころ家族でよく餃子を作って食べた。そのときの光景が思い出されてとても懐かしかった。
     子供が三人で協力して餃子を作るんですが、いろんな形ができて,最後は皮が足りなくて具がはみ出してくるところらなんかついそうそうって感じです。焼くのはお母さん。たくさん焼いて,そのころお父さんも会社から帰ってきて仲良く食べるというお話。文が短くて子供もあきない。本の餃子を食べるまねをします。実際家で作るときは手伝ってくれるんです。タイトルに魅せられて買った本ですが楽しんで読んでます。

    掲載日:2002/04/22

    参考になりました
    感謝
    0

39件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


家族みんなでワイワイ遊べるグッズが盛りだくさん!

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.68)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット