あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

やねうらべやのおにんぎょうさん」 みんなの声

やねうらべやのおにんぎょうさん 作・絵:柳生 まち子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年1月30日
ISBN:9784834019162
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,380
みんなの声 総数 11
「やねうらべやのおにんぎょうさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 人形

    この絵本を読みながら、我が家のリカちゃん・ジェニーちゃん人形を思い浮かべていました。

    クリスマスにリカちゃん人形をプレゼントされた娘。
    そのことを知った実家の母が、「あなたが使っていた、ジェニーと服がまだあるのよ」と、送ってくれました。
    人形・服・小物、ほとんど全て残っていて、感動しました。

    屋根裏部屋のお人形も、少し忘れられてはいたけれど、大切に思っているから、捨てていなかったんだと思います。
    親子でたくさん遊べるといいですね。

    掲載日:2012/03/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • お人形さんの世界を想像する楽しさ♪

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    お人形さんやぬいぐるみとの関わりって
    皆さんそれぞれでしょうが
    思い入れのある方には
    なんともいえない感想を持つと思われます

    柳生さんの絵は、とてもかわいいとは
    思えないのですが(ごめんなさい(^^ゞ)
    とても魅力的世界が広がっているんですよ

    「たのしいって、こういうことなのね」ということに
    気付くことから世界が変わります
    それが素晴らしいです
    ねずみのチュチュのお陰だね

    人間の女の子やその昔のお友達のおかあさんの
    顔が見えないところがいいです
    現実になっちゃうもの

    本当に人形さんやことりさんやねずみさんが
    こんなことしてたら・・・って
    想像するだけでも楽しいですもんね

    しばし、心が幼い頃に戻っていました

    谷川俊太郎さんの「なおみ」作品とは
    別物ですね

    掲載日:2011/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文章が残念

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    屋根裏部屋で長いことぼーっとしていたお人形さん。
    ある日ねずみが現れたのをきっかけに、少しずつ活力を取り戻していきます。
    ちゃんとお着替えをして、寝床を整え、ねずみや小鳥と楽しく遊び・・・。
    だけど何か物足りない。それは人間の子どものお友達がいないからだと気づきます。
    心配そうに聞いていた娘も、素敵な終わり方ににっこりでした。
    ほんわかした優しい雰囲気の絵が、この可愛らしいおはなしにぴったり。
    でも、文章がちょっとくどくて読みにくかったのが残念でした。

    掲載日:2010/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ごめんなさい・・・

    真っ先にいろいろな所に片づけてある人形やぬいぐるみが思い浮かびました。
    つい可愛いと買ってしまいますが、こんな思いをしているのかと申し訳なく思って読みました。
    女の子に読んでほしいなあと思う本でした。

    掲載日:2010/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心温まります

    昔、女の子だったママにはたまりません。
    わたしのお友達だったお人形は、もうとっくにありません。
    自分のお友達だったお人形を娘がお友達になってくれて
    羨ましいです。

    掲載日:2009/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしさを感じる

    絵の雰囲気と「おにんぎょうさん」という響きに誘われて読んでみました。

    「おにんぎょうさん」という響きには、人形遊びをしていた子どもの頃に返るような、懐かしさを感じるのです。

    忘れられた人形が、ねずみとの出会いにより、人形としての心を取り戻して行くのがとても印象的でした。

    掲載日:2009/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子向けかな

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子13歳、男の子11歳

    娘はなかなか物が捨てられない性格です。
    私が、生まれる前に縫ってやったぬいぐるみを、いまだにベッドに置いています。
    孫がそのぬいぐるみを、大事にしてくれたとしたら、とても嬉しいです。

    名前もわかって、人間のともだちもできて、おにんぎょうが幸せに暮らせてほっとする本です。

    掲載日:2006/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子が喜びそうな絵本

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子9歳、男の子6歳

    絵が、なんともかわいらしくって、主人公のお人形も手作り感あふれる柔らかいタッチで描かれているところが、すごくほのぼのとした印象を持ちます。
    お話も、かわいらしくって、いかにも女の子が喜びそうな内容です。
    最後に自分の名前がわかって、すごく気持ちがスッキリして幸せな気分になりました。

    掲載日:2006/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ナチュラルカラーのお人形

    • 竹の香りさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳、女の子3歳

     忘れ去られていたお人形が、野ねずみに話かけられて動き出します。小鳥のお友達もでき、楽しい毎日。
    でも、なにか物足りない。
     
    「ときどき さみしくなるのは にんげんの こどもの ともだちがいないからなんだわ・・」バスケットの中で、真珠のような涙を流すおにんぎょうさんが、いたいけです。

     やがて女の子のお友達ができ、その子のお母さんの持ち物だったことがわかります。
     女の子とおにんぎょうさんが出会ったとき、二人の着ている服、髪型、そして髪を結んでいる紐の色までもが、そっくり。 存在は忘れられていても、きっとお人形さんはお母さんの心の中にくらしていたんでしょうね。

     最後におにんぎょうさんの名前がわかるのですが、小さい子どもが名づけそうな、おにんぎょうさんにピッタリの名前です。

    掲載日:2006/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人形の自分探しって感じです。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子10歳、女の子5歳

    昔あそんでくれた子供が大きくなって、役目を終えた人形が、たまたまあそびにきたねずみのおかげで、まだまだ自分にも楽しいことがあるんだと自覚して、色々と努力し、また新しい人間の子供とお友達になるというストーリーでした。
    イラストは可愛いし、お話もなかなかいいんですが、ちょっと文章が長かったかな。年齢の低い子供に読むには、少し状況説明が多かったような気がします。

    掲載日:2006/01/22

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ / 100かいだてのいえ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット