雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

だれかな?だれかな?」 みんなの声

だれかな?だれかな? 作・絵:なかや みわ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2003年03月
ISBN:9784834019117
評価スコア 4.21
評価ランキング 15,612
みんなの声 総数 38
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

38件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 想像力を膨らませる

    1歳9か月の娘に読んでやりました。いろいろな動物の一部だけあらわれ、それがどんな動物になっていくでしょう?というパターンで何種類かの動物が登場。おもしろいパターンだな、とかきりくちがおもしろいなど、想像力が膨らむだろうなと思います。ただ、あまりにも特徴がありすぎて身近でなかったり、観たことがないものもいるので、なんじゃこれ?と思ったこともあるのでは?娘は目の前で繰り返される不思議な世界にじいーっと見入っていましたよ。たまにはこういう切り口の絵本もいいかな?と思います。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 当てっこが楽しい!

    ちょっとだけ顔を出している動物を、当てっこするのが大人の私でも嬉しくて楽しいと思いました。「だれかな?だれかな?」と繰り返される言葉もシンプルで次へのステップに想像力を膨らまて期待でドキドキしました。当てっこが一人でも楽しかったです!白うさぎと黒うさぎにびっくりしました!

    掲載日:2016/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    お勧めされていたので借りて読みました。

    まさか、なかやみわさんだとは知らず、
    今までの作品と異なり、
    びっくりしました。

    1歳児はじっと見るだけでしたが、
    4歳児になると
    「だれかな?」と聞くと、
    すぐに「ねずみ」など、
    反応してくれるので大きくなっても
    こういう絵本は楽しめるからいいですね。

    まんぼうなどちょっと特殊な動物も出てきて
    意外性もあり、
    楽しく読めせてもらいました。

    掲載日:2016/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 反応が良いです

    だれかな?だれかな?でいろんな動物が姿を現します。定番のものじゃないふくろうやまんぼうも出てきて面白いです。定番じゃないのでどうかなと思ったのですが、意外にもじーっと見入っていました。イラストも可愛らしくおすすめです。

    掲載日:2016/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 斬新な捉え方

    赤ちゃんの本ですが、とても面白くできています。
    色々な動物たちの一部が見えていて、次のページで答えがわかるようになっています。うさぎは白と黒のコントラストでいいのですが、黒いうさぎはちょっと怖いかもしれません。最後のページでもふくろうの目が光っていて、次のページでふくろうってのがわかるけど、せなけいこさんの「ねないこだれだ」を思い出すらしく怖がっていました。

    暗い色合いが多いのはうちの息子はちょっと苦手なよう。
    同じお子さんもいるかもしれません。怖がりの子どもにはオススメできないですが、魚の正面の顔とか面白いです。

    実際に水族館へ行けはばかるけど、こんな変な顔してるんだよって楽しめます。

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 造形の面白さ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    小さい子向けおはなし会用にセレクト。
    動物たちの一種のクイズ絵本です。
    ヒントの出し方が今まで見たことの無い視点で面白かったです。
    小さい子でも、やや難易度が高いかもしれませんが、
    色彩のマジック、見る角度の違いなど、豊かなイメージは大切にしたいですね。
    作者はそらまめくんシリーズのなかやみわさん。
    少しイメージは違いますが、丁寧な描出画法はさすがだと思いました。

    掲載日:2013/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物、だれかな?

    「だれかな?と、動物の姿をあてっこするクイズ感覚の絵本です。
    絵は、現実の動物の姿からかけ離れていることはないので、子供も混乱しなかったと思います。

    白・黒ウサギの場面には、大人も「おっ」と驚きますよ。
    表紙のパンダが、中では登場しなかったことが残念だったかな・・・

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見方を変えれば?

    ネズミさんがちょこっと顔を出していたり、しろうさぎが白い壁に隠れていたり、マンボウは正面からみると細長かったり、ハリネズミは毬栗みたいだったり、フクロウは真っ暗で目しか見えていなかったり・・・・。
    だれかな??って思って違う見方をしてみると、かわいい動物さんが登場します。
    こどもと一緒に考えたり、「だれかな?」と語りかけながら読むととっても楽しいです。こどもの好奇心をくすぐる絵本だと思いました。
    私も読んでて、発見!!って感じですごく楽しかったです。
    10ヶ月の娘の一番のお気に入りは、ねずみさんが出て行った壁の穴。そこがどうしても気になるみたいで指で差して触っていました。月齢があがるにつれてこどものいろんな反応が楽しめそうです。

    掲載日:2011/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • クイズのような絵本

    お顔や身体の一部分をのぞかせている動物がねずみ、うさぎ、まんぼう、はりねずみ、ふくろうの順に出てきます!

    登場の際は、その動物の特徴を示す言葉がでてきます!

    1歳児のクラスで読むと、うさぎのページで頭の上にうさぎの耳をつくったり「ぴょん」と言ったり楽しんでいるようでした。
    クイズをしているような感覚で楽しむことが出来ました!

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分で読む絵本

    3歳の娘がひらがなが読めるようになってきたので
    自分で読む絵本として、借りた絵本です。

    繰り返しが沢山出てくるので、読みやすかったようです。
    読み聞かせる時にもリズミカルな文章なので読んでいて心地良いと思います。
    だれかなだれかな?とクイズ感覚で答えていけるのも娘のお気に入りです。
    絵もかわいくてキレイだし、長く楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2010/06/06

    参考になりました
    感謝
    0

38件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.21)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット