おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ツバメのたび」 みんなの声

ツバメのたび 作・絵:鈴木 まもる
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年02月
ISBN:9784034373903
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,185
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 地元に帰ってk手からお嫁さんがくるんだぁ

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    鈴木さんの絵でとっても見やすいです。
    主人公のツバメがかわいい!愛着が持てます。
    また、ツバメノ見えてるであろう視線で描かれているところが素敵でした。
    ツバメたちって、つがいで戻ってくるのかと、勝手に思っていたのですが、
    自分の生まれた場所に戻ってきてから近くにいるメスとつがいになるんですね〜。
    これって、もしかしたらきょうだいとか、近い親戚とかいうこともあるのでしょうか?
    文字は簡潔ではっきりした字で書かれています。
    もちろん絵は鈴木まもるさんですから、見やすいですし、見ごたえもあります。
    小学校の中学年くらいから、高齢者の方まで幅広く読み聞かせに使えそうです。
    ツバメたちが巣作りする春先から6月くらいのおはなし会に特におすすめします。

    掲載日:2015/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせに

    ちょうどツバメが飛来して沢山飛んでいる時期なので、小4のクラスで読み聞かせました。
    ツバメを見る事はあっても、その生態は知らないので興味深く聞いてくれました。
    長い旅の果てに日本に来たとわかったあたりから無駄話をする声が全くなくなり、巣を作る辺りからは子供たちの顔は真剣に。
    お店などの軒先で、子育てをしているのを見た事はあっても、まさかそんなに遠くから来ているとは思わなかったのでしょう。
    今年は、今までにはなかった別な思いを持ってツバメを見てくれるかもしれません。
    この本に限っては、最後に解説も読みました。(長い文章ではない)
    それまで、自分達に向かって開かれていた本を字が細かいので私に向け直して読んでも何も言わず、最後まで真剣に聞いていました。

    良い本に出会いました。

    掲載日:2015/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 遠くマレーシアから

    息子の通う小学校にツバメの巣ができたと聞いたのは春先のことでした。

    そんな時に、教えてもらったのがこの本で、今もう小学校のツバメは巣立ったようですが、

    そのツバメがどのあたりまで飛んでいくのかはなかなか知る由もないことです。

    息子にちょうどいいのではないかと借りて来てみました。

    このツバメはなんと5000キロも離れたマレーシアから飛んできたのです。

    あの小さな体でそれほどの距離を飛んでくることにも驚かされます。

    文章量は多くはなく、遠目もきくきれいな絵なので、集団での読み聞かせにも向きそうだと思います。

    掲載日:2011/07/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ツバメはすごい旅をしてるね

    ツバメが巣を作る季節になりました!
    日本から5000Kmもはなれたマレーシアからとんできたツバメ
    ツバメが飛び立つかっこうの良さ!  誰かがよんでいる それに向かって海を越え山を越え 雨の中を飛んでいるツバメに感動します

    ぼくを待っている人に会う為に飛んでいるツバメツバメたちはみんなしれぞれの目的の地へと 飛んでいくんですね  やっと見つけた目的の場所が オスとメスが 巣作りをしているんです
    わらや 土を運んでね。
    そして 卵を産む 5つ   そして卵をかえすために温めて雛がかえったんです。

    お互いに ご飯をたべて 大きく育てるんです 雛はたちは 口を開けてえさをもらうのですね

    近所のクリーニング屋さんの家に毎年やってくるツバメもこの絵本のように遠くからやってきたんですね。
    かわいいひなを見せてもらいます   本当にかわいいんです

    ツバメの渡りのコースが 書いてあったのですが すごい!
    5000KMオーストラリアや スマトラ島からくるのがよく分かりました

    そしてまた 子供が大きくなると 南の町へと帰っていくのですね!
    子供たちと一緒に学べる絵本ですよ

    掲載日:2011/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ツバメの巣を見かけたら!

    写実的に美しい絵に、ツバメ目線で進むお話。ラスト1ページがとても腑に堕ちました。想像していたラストと、微妙に違っていたよ。
    なるほど鳥の巣研究家の作者ならではの詳しさがあり、とてもステキでした。
    それまで興味なさげだった娘も、急に絵の数も増え、惹きこまれていました。

    軒先にツバメの巣を見かけた日は、ぜひ読みたいですね。
    園でもいいですね。

    掲載日:2011/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ツバメの飛んでいく情景がすごい!

    日本から5000kmも離れたマレーシア。
    一羽のツバメが海を越える長い長い旅に出る―。

    身近なツバメの渡りについて知ることのできる科学絵本であり、
    ツバメの旅のドラマを描いた物語絵本でもある。

    飛んでいくツバメたちのスピード感がありありと伝わってくる。
    絵を眺めているだけでメッセージを感じ取れる良作。
    著者の鈴木まもるさんは鳥の巣研究家でもあり、その専門性が如何なく発揮されている。

    渡っていく途中で見える船や、街中の様子も細かく描かれており楽しめる。
    上陸した場所が“日本”とは一言も書いていないのに、一目でそれとわかる風景と色づかいは圧巻。

    しかし、文の方はちょっとイマイチ…。
    ツバメの一人称で書かれており、やや感傷に過ぎるので読み聞かせには向かない。
    もっと客観的な文がついておれば読み聞かせ絵本にも最適だったのだが…惜しい。

    絵だけ見てもいいし、文もひらがなで簡単なので小学校低学年から自分で読める。

    掲載日:2010/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 早く春 来ないかしら!?

    • 1姫2太郎ママさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子15歳、男の子14歳、男の子 5歳

    鈴木まもるって知ってる?と聞かれたら、小さい頃から乗り物好きの息子が大好きだった人と答えます。こんな絵本あるよと言われてびっくり。とても新鮮で、身近にいるツバメの人生の一こま一こまを丁寧な絵で描かれています。生きる力強さや自然の大きさを感じられる絵本でした。ツバメが訪れる春が早く来ないかなと心待ちにしています。そしてどこかでツバメに出会ったらココへくるまでの旅を思いやってあげたいです。

    掲載日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせに重宝

    • 冬苺さん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子10歳

    夏になると見かけるツバメの親子。
    マレーシアから、5000キロの旅のをして日本に来る、という科学的な事実と、親子の愛情とがバランスよくミックスされていて、分かりやすいながらも心温まります。
    学校の読み聞かせで、科学か読み物かで迷うことが多い中、
    図鑑大好き少年でも、物語大好き少女でも、どちらにも幅広く読み聞かせができます。

    掲載日:2009/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ツバメの表情がいい

    遠く5000kmも離れた南の国から旅してくるツバメの話。
    1匹のツバメの旅を、ツバメの視点から見ています。
    空から見る景色。
    山を越え、海を越え、雨の中、風の中を乗り越えてやってくるんですね。
    いつも、ある季節になると、自然と見られるツバメの子育ての風景。
    でも、その子育てをするために、これだけの旅をしてきているんだなぁと思うと感心する。
    鈴木まもるさんの絵から伝わる、鳥の表情や、躍動感がなんともいい。

    掲載日:2009/03/29

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが / うんこ!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット