モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

ハウルの動く城1 魔法使いハウルと火の悪魔」 みんなの声

ハウルの動く城1 魔法使いハウルと火の悪魔 作:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
訳:西村 醇子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1997年05月
ISBN:9784198607098
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,957
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読みだしたら止まらない

    映画になるよりずっと前から高い評価を受けて、多くのファンを持つ作品ですので是非ご一読あれ。

    登場人物がみんな活き活きして、本来生きてるはずない物までもが生命力に溢れています。
    人が変わったように弾けちゃったソフィ、いたずら好きのお茶目な火の悪魔、生真面目で苦労性なくせ抜け目のないハウルの弟子。そして27歳になっても落ち着かない色男ハウルに、可愛いところもある荒地の魔女。
    けっこう複雑な筋立てで、半分は分かったけど残り半分は予想もつかなかった。
    最後はおもしろかったよ。お腹が空いて、でもやめられずにパンをパクつきながら読んだ。
    絡まった紐がゆるゆると解けるように、今までの小話が全部繋がってゆきます。

    ライトファンタジーのようでいて実はテーマも用意されていて、だけどそれを読み取るか読み取らないかは自由よ、みたいな開かれたイメージでした。
    人によっていろんな楽しみ方、読み方が出来る1冊ではないでしょうか。私は二作目のが、より好きです。
    良質ファンタジー。

    掲載日:2014/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジブリアニメの原作本

    めちゃくちゃ面白い!!絶対に買って読んで欲しい本です。

    アニメも面白かったけど、疑問が残るところもあったのですが、この本でなぞが解けました。なぜ荒地の魔女がソフィーを老人にしたのか、が一番気になっていましたがそれもこの本で解決!

    ソフィーの身の上話も詳しいし、アニメよりやはり深いですね。

    サリマンが原作では男性だったり、ソフィーの2人の妹の行動もなかなか面白かったり、、、絶対読んでいただきたいです。

    面白すぎて、途中でやめられませんよ☆

    掲載日:2011/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きな児童書

    私は映画のほうを
    初めに見ました。

    それで物語に
    凄く惹かれて
    原作も読みたい!
    と思い、購入。

    やっぱり原作も
    とても面白いです。

    読んでいると
    「あ、ここは映画と同じだ〜」
    と思うところもありました。

    どちらかというと
    原作のほうが物語が
    入り組んでいます。

    なので、大人の方でも
    全然読める作品です。

    どちらにせよ、
    私には映画も原作も
    大好きな作品です^^

    自信を持って
    おすすめします!

    掲載日:2010/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハウルの動く城の原作です。

    アニメのほうとはだいぶ違います。
    私は本のほうが内容もハウルやソフィーのキャラも好きです。

    まぁ、一冊の本を2時間ぐらいののアニメに
    まとめるってことは大変なのでしょうね。
    だからそれはそれ、これはこれってかんじです。
    でも、アニメのハウルが一寸でも好きだった人ならば
    もっと好きになると思いますよ。

    読みやすいし、ストーリーも魅力的なので
    早く先が知りたくて、ついつい一気に読んでしまいました。
    おすすめです。

    掲載日:2010/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢中で読める一冊!

    映画化もされているこの作品。
    一般的には映画の方が有名でしょう。

    しかし、映画だけを見たのでは、このお話の本当に面白いところは分からないんじゃないかな〜
    と、この本を読んで思いました。


    映画には出てこない、細かい設定の数々。
    登場人物の過去や性格も、全てストーリーの大切な要素。


    どうしてソフィーはおばあさんにされちゃったのか。

    なぜ、ハウルは荒地の魔女と対立するようになったのか。

    カルシファーとハウルの間にあった出来事の真相。


    映画だけでは分からなかった、ハウルとソフィーを取り巻く全てがこれを読めば明らかに!



    何よりも著者の、ファンタジーの世界は、本場ならではのもの。
    謎だらけのお話、伏線につぐ伏線の嵐。
    しかし、その全てがちゃんと解けてお話はハッピーエンドへ。


    小学校高学年から大人まで、一生に一度は読んで損の無い作品です!!

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / そらまめくんのベッド / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 1
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット