あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

ハウルの動く城2 アブダラと空飛ぶ絨毯」 みんなの声

ハウルの動く城2 アブダラと空飛ぶ絨毯 作:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
訳:西村 醇子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1997年08月
ISBN:9784198607517
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ジブリアニメのハウルの続編

    1巻も最高でしたが、これも最高!!絶対に買って読んで欲しい本です。

    ハウルたちはどこに出てくるの、、、、?と思いながら読んでいましたが、後半でやっと出てきます。実はもっと前から出ていたけど、私達には分からないよう魔法がかかっていました。前半はアラビアンナイトの世界で、読むだけで100%幻想の世界に入れてしまいます。

    エンディングが非常に幸せ感があって、とてもおすすめ。年齢的には中学生〜大人におすすめです。

    掲載日:2011/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 姉妹編

    「魔法使いハウルと火の悪魔」
    に続き、読みました。

    姉妹編だと聞いて、早速!

    ソフィーもハウルも
    直接関係している訳ではなく
    こっそり作者さんが
    隠していたような、
    そんな登場の仕方がとても良いです。

    何もかもネタバレに
    なってから
    もう一度初めから
    読んでみるのも
    面白いと思います^^

    ソフィーとハウルが
    出てくると
    なんだか
    とても懐かしいような、
    そんな優しい気持ちになります。

    もちろん物語本編の方も
    とてもわくわくするような
    ファンタジーです。

    是非ソフィーとハウルたちが
    どこに隠されているのか、
    探しながら読んでみてください!

    掲載日:2010/12/20

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット