貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

こだぬき6ぴき」 みんなの声

こだぬき6ぴき 作:中川 李枝子
絵:中川 宗弥
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1972年
ISBN:9784001105629
評価スコア 4
評価ランキング 23,696
みんなの声 総数 1
「こだぬき6ぴき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 中川夫妻の魅力がいっぱい!

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳

    子供の頃、読んだ懐かしい本です。(でも、内容は全く覚えてなかった。)図書館で見つけて借りてきました。
    音楽家のたぬきちさんには、こどもが6ぴきいます。まめいち、まめじ、まめぞう、まめよ、まめこ、まめろく・・・名前を聞いただけで、楽しそうでしょ?おとうさんとのかくれんぼや、おひるを食べたり、お昼寝するまでの、おかあさんと子供達のやりとりに、思わず我が子と重ねて笑ってしまいます。さて、今夜はお父さんたちの音楽会を、聞きに行くのです。お母さんと6ぴきのこだぬきは、おめかしして出かけますが、お父さんがいません・・・。
    「ぐりとぐら」で有名な作者は、保母さんをしていただけあって、子供を書かせたら上に出る者いないんじゃないかしら、という観察力!「ももいろのきりん」で有名なご主人の、ほのぼのとしたタッチの絵も、姉妹コンビとはまた違った魅力で素敵です。
    少し長いお話ですが、楽しい(読んでる自分も)ので、あっという間に読めちゃいますよ!

    掲載日:2003/01/07

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


『はやくちことばで おでんもおんせん』イベントレポート

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット