十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

パタポン(1)」 みんなの声

パタポン(1) 作:田中 和雄
出版社:童話屋
本体価格:\1,250+税
発行日:2002年04月
ISBN:9784887470262
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,210
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 心の栄養

    息子が赤ちゃんだった頃、ふと目にした新聞の広告欄に、この本のまえがきで田中さんが書かれていることが載っていました。

    その「『日本には幼い子どものためのいい選詩集がない、いずれだれかがやらなくてはいけない』と故瀬田貞二さんが話されたという個所がとても印象に残り、

    思いだした都度手に取る詩集です。

    元々、中学生ぐらいの頃からは詩は好きですし、子育て中もなかなか読書はできないのですが、詩集は短い時間で読めるし

    心の栄養にもなるということで、読んでいました。

    詩の魅力は声に出してみること、声に出すと言葉の響きの美しさ、その世界観が何倍にもなって広がりを見せる気がしています。

    赤ちゃんの頃から話しかけるように絵本だけでなく詩も読み聞かせをしてみたいものですね。

    掲載日:2011/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい〜♪

    • かめずさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子4歳、女の子0歳

    自分で詩集を選ぶことはないのですが、義母が4歳の娘にお勧めといって持ってきた本です。自分が子どもの時、詩は教科書で読んだきりで興味がなかったのですが、今、この本で改めて触れてみるとなかなかいいものだなーと思いました。
    笑える詩あり、心に響く詩ありで、大人も子どもも楽しめます。

    娘は、特に言葉遊び的な要素の入った谷川俊太郎さんやまどさんなどの詩が気に入り、何回か読んだら覚えてしまいました。園で「いもくって ぶ」など披露してお友達と大笑いしているみたいです。

    いい詩を覚えていくと、言葉のセンスも身につくかも!と期待しつつ?読み聞かせています。

    掲載日:2009/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼのとした詩

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    小学校のおはなし会でよく使われる詩集です。
    子どもの気持ちにそった詩がたくさん入っています。

    なかでも、川崎洋さんの「ちちんぷいぷい」は懐かしい気持ちで読みました。
    今の子達には、新鮮なおまじないでしょう。

    言葉の意味が分からなくても、リズムを楽しむと言葉が身体に染み込んでくるようです。
    何年か経って意味が分かる事があり、その時の嬉しさは忘れられません。

    小さな子どもさんにも読んであげてほしい詩集です。

    掲載日:2009/02/15

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / くれよんのくろくん / いないいないばああそび / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット