なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
しろりりんさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

フーさん」 みんなの声

フーさん 作:ハンヌ・マケラ
訳:上山美保子
出版社:国書刊行会
本体価格:\1,500+税
発行日:2007年09月
ISBN:9784336049476
評価スコア 3.5
評価ランキング 33,548
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 結局、フーさんって何者?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    上の子は「まぁ、面白かったよ」といいました。でも、内容的には中学生より、小学校中学年から高学年くらいにお薦めです。
    中学生だと、もう少しいろいろなことに対して物足りなさを感じてしまうかも。

    それにしても、文章も、感覚も、描かれている世界も、ちょっと今までなく、不思議な感じでした。
    日本の童話や、イギリスやアメリカなどの児童向けの本では、主人公が「何者なのか」最初の段階で、はっきり分かる場合が多く、主人公の一人称だったりすることが多いですが、
    この「フーさん」、私には最初から最後まで、何者かがよくわかりませんでした。結局ぺージを閉じるまで、「フーさんて、何者?」と、思いながら読みました。

    何となく、つかめたのは、フーさんって、お化けみたいなもの」「もしはそれに似た妖精みたいな存在」「たぶん、生粋の人間ではない」ということでした。

    後書きを読むと、この「フーさん」原作のフィンランドでは、アニメになったりと、大変子どもたちに人気のあるキャラクターだそうです。
    毎回毎回、変なことがおこったり、ちょっと風変わりな子どもたちが登場したりと、子どもたちの好奇心を刺激するのかもしれません。

    掲載日:2011/01/27

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



木村カエラはじめての絵本出版記念連載

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット