だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ボクの犬」 みんなの声

ボクの犬 作:きむら ゆういち
絵:わたなべ ようじ
出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2006年02月
ISBN:9784592761105
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
「ボクの犬」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おとなの事情では?

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ボクは、知り合いのおにいさんから、ドブに落ちていてズブ濡れだった犬をもらいました。
    チコと名づけられたその犬は、散歩が大好きで、どこに行く時もボクと一緒でした。
    もともと、犬は大好きで、おかあさんは仕事で夜にしか帰ってこなかったので、寂しいボクにとっては、最高の出会いでした。
    ところが、そんな生活にも、問題が起こったのです。

    チコのために、子どもながらに、がんばっているようすには、心に響くものがありました。チコとの出会いで、変わっていくボク。そんな生活は、一ヶ月で終わってしまい、少し残念でした。もっと、続けることができなかったのかなあと思うことでした。
    ただ、この経験を通して、ボクが大きな成長ができたこと、そして、感じたことが、伝わってきました。
    最後のボクのひと言、そして、優しさ溢れる絵のタッチには、作者の思いが込められているようでした。

    掲載日:2009/10/07

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット