十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ティモシーとサラのとりかえっこ」 みんなの声

ティモシーとサラのとりかえっこ 作・絵:芭蕉みどり
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年10月
ISBN:9784591065877
評価スコア 4.27
評価ランキング 13,786
みんなの声 総数 10
「ティモシーとサラのとりかえっこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • しっぽのりぼん

    3歳の息子がとっても気に入って何回も読まされました。
    双子のねずみのいたずら!

    みんな騙されちゃう。
    おかしいな〜って思いながらもばれない。

    でも尻尾のりぼんという大きなミス。

    そんなドキドキを楽しみながら過ごす二匹

    パパとママには簡単にばれちゃっていたけれど、
    最後の最後にまた・・・・
    果たしてママは???

    掲載日:2014/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が可愛い!

    • ななママさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    5歳と3歳の娘に読み聞かせました。

    お話自体は正直絵本にありふれた感じ…?

    でも絵がとてもかわいいです。
    パッチワークのような裏表紙にお洋服やお部屋、とても色合いが可愛くて、シリーズで出ているのも子どもが入り込みやすいので良いですね。

    こっちがティモシーでこっちがサラ?と姉妹でわいわい楽しんでいました。
    一度読んでからは、しっぽについたリボンで爆笑していました。

    シリーズの他のお話も読んでみたいです。

    掲載日:2014/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • いたずらっ子のどきどき感

    絵がかわいくて、5歳の娘も私も大好きなシリーズです。
    双子の二匹は、服を交換して入れ替わります。お母さんはわかるかな?お友達はわかるかな?こどものいたずら心や、ドキドキ感など味わえて娘とふたりでニヤニヤしながら読みました。

    ティモシーとサラシリーズの中で特に私も娘も一番のお気に入りです。

    掲載日:2012/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 双子入れ替わりプロジェクト

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子15歳

    こねずみの双子、ティモシーとサラ。
    本当によく似ていて、服装で見分けがつく感じだったのですが、
    ある日、お互いとりかえっこしよう、という計画を立てるのです。
    なるほど、双子ならではの発想ですね。
    かくして、お互いなりすませるのですが、誰も気付かないというのは、
    嬉しくもあり、不安にもなるものなんですね。
    そんな微妙な心理が丁寧に描かれていて、ほほえましかったです。
    途中まで、サラはしっぽのリボンに気付かなかったのですが、
    そのあたりは読者へのヒントです。
    男女差についてもサラリと盛り込まれています。
    ラストでは念願のサプライズに成功!
    二人の楽しさがこちらまで伝わってきました。
    いつもながら、上品でおしゃれなインテリアや服にうっとりです。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 無邪気な茶目っ気

    ブログで紹介されていた方がいて読んでみたくなりました。

    絵がとてもかわいく、かわいい絵が好きな方なら手に取ってしまいたくなる本だと思います。

    双子ならではの特性を生かしてのとりかえっこがとても楽しく感じました。

    子どもの持つ無邪気な茶目っ気を感じる作品だと思います。
    他にも作品があるようなので読んでみたいと思います。

    掲載日:2009/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • いたずらたっぷり

    このお話は、だいたい3.4歳を越える頃に読まれることをおすすめします。

    このお話、双子のティモシーとサラが、そっくりなのをいいことに、とりかえっこをするお話なのですが、
    おそらく絵で見たことと、実際は違っている、という設定を認識できるのは、おそらく3・4歳ぐらいだと思います。
    小さいお子さんだと、見たまま、ティモシーになったサラをティモシー、サラになったティモシーをサラだと思い込むでしょうから。

    さて、このとりかえっこ。
    私も昔「自分が双子だったら、こんな遊びがしてみたい!」と想像しました。
    だから、その頃の気持ちにもどってどきどきわくわく。
    これだからいいのよね。絵本って。

    ティモシーとサラは、とりかえっこを楽しみます。
    みんなだまされちゃう。おとなりの仲良しのスーザンだって。
    でもね…だまされない人もちゃあんといるんです。

    だまされなかったお父さんとお母さんですが、最後のところは、ティモシーとサラにいっぱい食わされます。

    息子はとりわけ、このいたずらがたくさん出てくる絵本が、シリーズでも好きになったようでした。

    掲載日:2006/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供は遊びの天才!

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子6歳

    ふたごのこねずみのティモシーとサラのえほん。
    娘が、結構気に入っているシリーズです。
    私はといえば、あまりにもメルヘンチックなねずみには、抵抗があったのですが、何冊か読んでいるうちになれてきたのかな・・・あまり、気にならなくなりました。
    それよりも、毎回絵の隅々まで気を使った細やかさには、舌を巻くくらい素敵な絵。作者の人柄がうかがえるようです。
    内表紙のパッチワークの絵は、見ていて飽きないし目を楽しませてくれます。

    おはなしは、双子のティモシーとサラがお互いの洋服をとりかえっこして、一日の間、誰にも気づかれないか試してみようとします。
    さて、誰がとりかえっこしたことに気づくでしょうか?

    子供らしい遊びで、読者の気持ち(娘の)をどんどんひきつけていきます。
    娘も一緒にワクワクドキドキして、聞いていたにちがいない。
    ラストのおちは、とっても驚き!
    素敵ですね。
    二人は、とっても素敵な一日だったみたいです。

    掲載日:2006/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一卵性の特権

    • ぽぽろんさん
    • 20代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子4歳、男の子2歳

    そっくりな双子のティモシーとサラ、入れ替わってみようなんて、すごく楽しそう。私もそっくりな双子だったらやってみたいなーなんてと思っていたことなので、わくわくしました。
    リックやフローラさんは気付いてないけど、スーザンはいいところに目をつけました。おかあさんもおとうさんも気付いてないのかな・・・?気付かないフリをしていたのもいいなあ。でもやっぱりわかっていたけど、最後のどんでん返しがおかしかったです。

    掲載日:2004/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の目線と大人の目線

    • えっこさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子8歳、女の子3歳

    双子のティモシーとサラが洋服を取り替えっこするお話で、たわいもないといえばたわいもないのですが、双子でない3歳の我が娘は、わくわくドキドキしながら聞いていました。

    親の私はというと、ストーリー以外に絵の中で、双子の見分けがつく所を見つけては、「あ、これは大人向けの伏線ね」と、娘を横目で見ながらニヤニヤしておりました。

    このシリーズは、絵柄がメルヘンチックで私は苦手なのですが、絵とお話を同じ人が書いているという点で細かい所まで気配りが感じられそれなりに楽しむことができます。

    掲載日:2004/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長女の好きなシリ−ズです!

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳

    長女の大好きなシリ−ズです。
    双子のこねずみティモシ−とサラは、お互いの服を替え入れ替わることを思いつきます。近所のフロ−ラさんも、リックお兄ちゃんも、仲良しのス−ザンも、気がつきません。お父さんやお母さんでさえ・・・?
    とりかえっこするお話は、けっこうあるような気がするし、私個人としては、まあまあかな。(可もなく不可もなくという感じ)
    でも、長女は大喜びで聞いてました。かわいいキャラクタ−が大好きですから・・・ね。ラストはなかなかよかったです。

    掲載日:2003/01/07

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.27)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット