ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

人生いつしかたそがれてわずかに残るうすあかり」 みんなの声

人生いつしかたそがれてわずかに残るうすあかり 作・絵:やなせ たかし
出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年09月
ISBN:9784592761198
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 笑えてしみじみ

    やなせたかしさんと言えば、やっぱり思い浮かぶのは「アンパンマン」です。
    御年を召してもなお、現役で活躍されていることに尊敬します。
    この作品では、歳を重ねたからこそ・・・という言葉もあって、しみじみと感じました。
    「くすっ」と笑える詩もありましたよ。

    掲載日:2013/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • やなせさん、好きです

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子6歳

    アンパンマンの作者、やなせたかしさんの7行詩集です。
    詩とイラスト、心にしみます。
    やなせさんのような偉大な方も、私と同じように、ちっぽけなことに悩み、やってきたことに悔やみ、でも、がんばろうって思ってる。共感できてよかったです。やなせさんのように、元気に長生きできるかはわからないけど、人生をもっと前向きに生きてみようという勇気がわきました。
    やなせさん、これからももっともっとお元気で!

    掲載日:2009/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • なかなか味がある。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    昨年夏、近くの美術館で開催された『やなせたかし展』で、出会った詩画集です。
    誰もが知っているアンパンマンの生みの親、やなせたかしさん、米寿を迎え、まだまだお元気で活躍されています。
    長い人生を歩んできた方だからこそ描かれる詩の世界に、ついつい引き込まれてしまいました。今までの生き方を、そして、これからの生き方を、暗に示していて、切ない気持ちになったりしますが、イラストに慰められ、手元において、何度も何度も見たくなる一冊です。

    掲載日:2009/03/13

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット