ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

おばあちゃん、ぼしゅう中!」 みんなの声

おばあちゃん、ぼしゅう中! 作:アーニャ・トゥッカーマン
絵:高橋由為子
訳:齋藤尚子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:2009年02月
ISBN:9784198626914
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,548
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おばあちゃんがほしい!

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子14歳、女の子12歳

    新聞で募集をしたものの、応募してきた四人のおばあさんの中から一人だけ選ぶことができないシュテフィ。一週目は、おばあさんたちに尋ねてきてもらい、二週目はシュテフィがそれぞれのおばあさんの家に遊びに行きました。それでも一人に選ぶこともできず、毎日おばあさんたちと時間を過ごすことにも疲れてしまいます。

    まず、新聞で一緒に遊んでくれたり、お菓子を作ってくれるおばあさんを見つけるために、新聞広告を利用するところがすごいですね。思いついても実行するには躊躇してしまいそうですが、それをやってしまうのがシュテフィの良いところですね。

    応募してきたおばあさんたちも、みな個性的な人でした。
    きっと日本のおばあさんたちだって、会ってみればいろいろ楽しい人がいるに違いないと思います。おばあさんがいない子や近くに住んでいないいない子たちが、おばあさんたちと交流する場や機会があると良いのになあと思います。(私も、田舎が遠く、祖父や祖母に会う機会はほとんどありませんでした。)

    疲れたシュテフィを助けてくれたのは、友だちでした。やっぱり友だちは頼りになりますね、大切にしなくっちゃ。
    シュテフィの恋の行方も気になります。

    子どもたちの元気さがあふれる楽しいお話です。
    小学校中学年くらいから読むのが適当かと思います。

    掲載日:2009/04/30

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット